ここから本文です

藤川球児の今なお、進化し続ける姿にホンマ誇らしく思うよ【岡田彰布のそらそうよ】

10/21(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

オレも球児も涙で顔がグジャグジャ

ファーストステージで2位のDeNAを下し、ガッツポーズをする藤川球児。後半戦から球児がクローザーで完ぺきな投球を見せたことで、チームが勢いに乗っていったと思うよ/写真=大泉謙也

“運命の日”は近い。10月13日の日曜日。読者の皆さんにこのコラムを読んでもらうときには、すでに結果が出ている。そう、ラグビーのワールドカップ。日本対スコットランドだが、はたして日本はベスト8進出なるか。ボーナスポイント制があり、それも大きく影響する。

 日本のプロ野球はCSファイナルステージ。こちらもボーナス制ではないが、1位チームに1勝のアドバンテージがある。9日に始まったセのGT決戦。オレは東京ドームにいる。デイリースポーツの評論の仕事だが、結果は阪神の勢いを、巨人がねじ伏せた。そんな初戦になった。これでアドバンテージを含め、巨人の2勝。かなり優位に立った。

 でも阪神が逆襲する材料はある。シーズン終盤から、CSファーストステージのDeNA戦で示した投手力の厚み。特にクローザーの藤川球児の存在。輝いているわな。このベテランの働きこそが阪神の生命線といえる。

 球児=CS……。これでいくと、オレにとって、ホンマ、思い出深いもんなんよね。あれは2008年やった。シーズンでは13ゲーム差をひっくり返されてのV逸。その時点で、オレは監督を辞することを表明していた。だからクライマックスシリーズは監督として最後の仕事やった。ファーストステージは落合(落合博満)さんが率いる中日。強いチームやったよ。巨人、中日、阪神の3強時代。そら、おもしろい戦いの連続やったわ。

 そのファーストステージは1勝1敗となり、決着の3戦目。舞台は京セラドームよ。試合はともに投手陣が踏ん張り、0対0で進んでいった。両チームとも決め手がない中、9回を迎えた。阪神の決められたパターンよ。JFKの最後のトリデ。すべてを球児に託す。これで2004年から戦ってきたわけよ。

 球児は・・・ 本文:2,216文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/21(月) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ