ここから本文です

「レジ袋不要なら2円引き」と「レジ袋代2円」、効果に違いが出るワケ

10/21(月) 16:00配信

マネーポストWEB

 地球環境に優しいエコな生活をしようと「レジ袋有料化」の流れが各地で進んでいる。いまやスーパーにエコバッグを持参する人が増え、当たり前の光景となりつつある。しかし、その普及に際し“不思議なこと”が起こっているという。

 金融に関する著作も多い作家の橘玲氏はいう。

「近くのスーパーでは、会計の時に『レジ袋は不要です』というと、代金から2円引きにしてくれました。エコバッグ普及のキャンペーンでしたが、見ていると、大半の人は当然のようにレジ袋をもらっていました。わずか2円を節約するために特別なことをしようなどとは思わないのです。

 ところがそれから少し経って、同じスーパーに行ってみると、レジに並んでいるほぼ全員がエコバッグを持っていて驚きました。2円引きのキャンペーンがようやく功を奏したのかというと、そうではありません。スーパーのレジ袋の代金は2円のままでしたが、買い物代金から2円引くのではなく、レジ袋が必要な人は2円で袋を買うようにしたのです。レジで袋をもらえなくて戸惑っている人に『1枚2円になりますけどよろしいですか』と聞くと、ほとんどの人が『それならいいです』と答え、品物を自分のバッグに詰め込んでいました」(橘氏・以下同)

 だがよく考えると、この行動は経済合理性からは説明できない。橘氏が続ける。

「当たり前の話ですが、レジ袋代を2円引いてもらうのも、2円を追加で払うのは同じことです。ところが同じ2円なのに、『2円得する』ことにはなんの関心もなく、『2円損する』と気づいた途端、行動が変わってしまいます。

 このような不思議なことが起こるのは、人が『得』よりも『損』に敏感に反応するように進化の過程で『設計』されているからです。レジ袋代を引いてもらって得することはどうでもよくても、目の前でレジ袋代を払うという損失は回避したいという、いわば“認知のゆがみ”です」

 同様の“認知のゆがみ”は、社会の至る所に見受けられる。税金の源泉徴収などはその典型だろう。サラリーマンは自営業者などと比べて課税所得の捕捉率が高く、所得に対する納税額も往々にして高い。しかし、あらかじめ給料から天引きされているから税金を払っているという意識が薄く、ハナから抵抗をあきらめている。その一方で消費税が増税されると大騒ぎするが、これも損が“見える化”されるからではないだろうか。

1/2ページ

最終更新:10/21(月) 16:00
マネーポストWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事