ここから本文です

内山靖崇がチャレンジャーで今季2勝目、初のトップ100入りが確定 [男子テニス]

10/21(月) 7:30配信

テニスマガジンONLINE

 ATPツアー下部大会の「国際男子チャレンジャー」(チャレンジャー125/中国・浙江省寧波/10月14~20日/賞金総額5万4160/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第4シードの内山靖崇(北日本物産)が第11シードのスティーブン・ディエズ(カナダ)を6-1 6-3で倒し、今季2度目の優勝を飾った。試合時間は1時間11分。

2019年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

 チャレンジャー大会で内山がタイトルを獲得したのは、今年9月の上海(チャレンジャー90/ハードコート)に続いてキャリア5度目となる。

 今大会での内山は、初戦となった2回戦でウー・ディ(中国)を6-2 6-1で、3回戦で第14シードのエンリケ・ロペス ペレス(スペイン)を7-6(5) 6-3で、準々決勝でフレデリコ フェレイラ・シルバ(ポルトガル)を7-5 6-2で、準決勝では第2シードのブラッドリー・クラン(アメリカ)を4-6 6-4 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 この結果で内山は、週明けに更新される世界ランクは初のトップ100入りが確定した。

 そのほかの日本勢はシングルスに8人が出場し、守屋宏紀(北日本物産)が8強入りを果たした。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

<日本人選手の結果>

■男子シングルス決勝

○48内山靖崇(北日本物産)[4] 6-1 6-3 ●9スティーブン・ディエズ(カナダ)[11]

■男子シングルス準決勝

○48内山靖崇(北日本物産)[4] 4-6 6-4 6-3 ●64ブラッドリー・クラン(アメリカ)[2]

■男子シングルス準々決勝

○48内山靖崇(北日本物産)[4] 7-5 6-2 ●38フレデリコ フェレイラ・シルバ(ポルトガル)

●53守屋宏紀(北日本物産)4-6 0-6 5-7 ○64ブラッドリー・クラン(アメリカ)[2]

■男子シングルス3回戦

○48内山靖崇(北日本物産)[4] 7-6(5) 6-3 ●41エンリケ・ロペス ペレス(スペイン)[14]

●33伊藤竜馬(北日本物産)[7] 4-6 6-7(5) ○38フレデリコ フェレイラ・シルバ(ポルトガル)

○53守屋宏紀(北日本物産)6-7(5) 6-3 6-4 ●51アキラ・サンティラン(オーストラリア)

■男子シングルス2回戦

○48内山靖崇(北日本物産)[4] 6-2 6-1 ●45ウー・ディ(中国)

●16添田豪(GODAI)[5] 5-7 6-7(1) ○14クリストファー・ユーバンクス(アメリカ)

○33伊藤竜馬(北日本物産)[7] 3-6 6-3 6-4 ●35内田海智(富士薬品)

○53守屋宏紀(北日本物産)5-7 6-2 6-1 ●56ジャン・ジージェン(中国)[12]

●61綿貫陽介(日清食品)7-6(5) 2-6 3-6 ○64ブラッドリー・クラン(アメリカ)[2]

■男子シングルス1回戦

○53守屋宏紀(北日本物産)1-6 6-3 6-4 ●54ウー・トゥンリン(台湾)

●60関口周一(Team REC)1-6 1-6 ○59ナム・ジソン(韓国)

○61綿貫陽介(日清食品)6-4 4-6 6-3 ●62シッダールト・ラワット(インド)[Q]

○35内田海智(富士薬品)2-6 7-5 6-3 ●36ファビアン・リボウル(フランス)[Q]

●19今井慎太郎(イカイ)4-6 4-6 ○20スン・ファジン(中国)[WC]

■男子ダブルス1回戦

●3松井俊英/添田豪(ASIA PARTNERSHIP FUND/GODAI)3-6 2-6 ○4スティーブン・ディエズ/ファビアン・リボウル(カナダ/フランス)

最終更新:10/21(月) 7:30
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事