ここから本文です

メーガン妃と出席した授賞式でハリー王子が涙!

10/21(月) 12:43配信

25ansオンライン

もしくは、母となったことによる変化が、ファッションにもあらわれたのかも?
これまでより、華やかさや優しさが感じられる気がした、この日のメーガン妃ファッションでした。ウェルチャイルド・アワードに出席されたハリー王子とメーガン妃。
ハリー王子が2007年からパトロンとなられていているチャリティの、毎年恒例となっている授与式。
重病を抱えながらも周りを鼓舞する行動をする子どもたちや若者たち自身や、また関わる家族や人々、専門家たちの貢献を称えるもので、各カテゴリーごとに受賞者が選ばれます。

【写真】女優→公爵夫人、メーガン妃の華麗なるおしゃれ変貌

到着後、お迎えの関係者達やスポンサーの方々とのご挨拶のあと、式の前に、受賞者の子どもたち(と家族)とお会いに。そして、経緯や彼らの素晴らしき行動や振る舞いについてお聞きになりました。
そのなかのひとり、難病指定のひとつアイカルディ症候群を患っていた妹をサポートし続けた11歳の少女との対面ではこんなことも。
少女が、ハリー王子を見るなり、髪を触りながら「スナップ!」と。 するとすぐさま王子も、同様のリアクション。
これは、トランプのスナップ遊びから由来した、同じものを見た時に発する、いわば「同じだ!」みたいな意味。要は、ハリー王子と少女の髪が、共に赤毛だったということ。
しかもハリー王子は、「ちょっと君の髪の毛、借りれる?」なんてジョークまで(笑)。
これまで兄ウィリアム王子の薄毛に関してイジっていらしたハリー王子も、ついにご自身の髪を自虐ネタにされるように、成長されましたね(笑)。
これもメーガン妃との結婚や、父となったことによる、余裕のあらわれなのでしょうね。

一気に笑いに包まれたテーブルでは、その流れで今度は少女の母が、アーチーくんの髪の色について質問。するとメーガン妃が、同じジンジャーカラーであるとお答えに。そして「彼(アーチーくん)の眉毛でわかりますよ」と。
よくぞ聞いてくれたお母さん!です。アーチーくん情報がひとつ明らかになりました。

その後は、軽いレセプションが行われ、そこでは子どもたちからアーチーくんへのプレゼントなどが手渡されていました。

1/2ページ

最終更新:10/22(火) 11:52
25ansオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事