ここから本文です

ハリー王子一家、来月から休暇をとってアメリカへ。

10/21(月) 16:54配信

フィガロジャポン

ハリー王子とメーガン妃がしばらく休暇をとって、一家全員でアメリカに向けて旅立つと報じられている。

ハリー王子、メーガン妃、アーチー君の南部アフリカ訪問記。

「The Sunday Times」が伝えるところによると、サセックス公爵夫妻は、“家族の時間”を満喫するために来月からクリスマスにかけて6週間の休暇を取るようだ。夫妻はその間、英国とアメリカで過ごすことを計画しているという。幼いアーチー君にとっては、初のアメリカ訪問となる。

さらに報道では、ハリー王子一家は、11月第4木曜日のサンクスギビング(感謝祭)にはカリフォルニアに住むメーガン妃の母ドリアと過ごし、その後のクリスマス休暇にはエリザベス女王をはじめとするロイヤルファミリーと過ごすものと見られている。

ハリー王子は現在、メーガン妃に対する“無慈悲な”ネガティブキャンペーンを行ったとして、英国のタブロイド紙を提訴中だが、その問題が落ち着き次第休暇に入る模様だ。

また夫妻による先月のアフリカ外遊を密着取材したドキュメンタリー番組が放送されることも明らかになった。夫妻のアフリカ移住にまつわる噂や、兄ウィリアム王子との関係についてもハリー王子は率直にコメントしているという。

ITVの特別番組「Harry&Meghan:An African Journey」は、現地時間10月23日に米国のABCで放送予定だ。

texte: ERI ARIMOTO

最終更新:10/21(月) 16:54
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事