ここから本文です

「中国版南シナ海」が描かれた米中合作アニメ、ベトナム、フィリピンに続きマレーシアも上映禁止に

10/21(月) 16:01配信

ニューズウィーク日本版

<米中合作アニメ映画に中国の領有権主張に基づいた南シナ海の地図が登場。ベトナム、フィリピンに続き、同海域で領有権を争うマレーシアでも作品の上映中止が決まった>

米中合作アニメ映画『アボミナブル』が東南アジアで物議を醸している。11月7日にこの作品の公開が予定されていたマレーシアでは、映画検閲当局がある場面の削除を求めた。

アニメ映画『アボミナブル』の予告動画を見る

作品は、少女とヒマラヤの伝説の雪男「イエティ」との交流を描いた子供向けアニメだが、劇中に南シナ海に中国が主張する国境線を描き入れた地図が映る場面があり、国際的に問題になっている。

この海域については、マレーシア、中国に加えて、ベトナム、フィリピン、ブルネイが長年にわたって領有を主張している。

しかし、中国は1947年に自国の主権が及ぶ範囲として、南シナ海のほぼ全域をUの字を描くように囲む独自の国境線「九段線」を書き入れた地図を作った。領有権争いの当事国も国際社会も、この境界線を認めていない。

<制作側は削除を拒否>

「『アボミナブル』をマレーシアで上映する条件は、物議を醸す地図が登場する場面を削除することだった」と、マレーシア映画検閲委員会のモハマド・ザンベリー・アブドゥル・アジズ議長はロイターに語っている。

この作品を制作したドリームワークスは問題の場面を削除することを拒んだため、マレーシア当局は公開中止を決定した。

これは、10月13日に上映中止にしたベトナムに続く措置だ。

「この作品の上映許可を取り消す」と、ベトナムの文化・スポーツ・観光省のタ・クアン・ドン次官は地元誌に語った。

『アボミナブル』は、ドリームワークス・アニメーションと中国のパールスタジオ(旧社名オリエンタル・ドリームワークス)の共同制作によるもの。CNNが指摘するように、主にアジア系の俳優を声優に起用したこの作品は、上海に住む少女イーの物語。イーが眺める地図に、九段線が描かれている。

「私たちは特定の文化を描きつつ、地球全体に関わる物語を語ることができるはずだと考えている」と、パールスタジオの製作者ペイリン・チョウは、9月にロサンゼルス・タイムズに語った。「『アボミナブル』はその完璧な例だ」

<中国では意外に不人気>

同紙によると、『アボミナブル』はパールスタジオの最初の作品。フランク・ジュウCEOは、総製作費7000~8000万ドルの映画を手掛けていくことをめざしている。次の3年は1年に1本ずつ、最終的には年に2本の映画をリリースする予定だ。

バラエティ誌によれば、「『アボミナブル』は北米では好調だったが、中国での興行成績はあまりよくない」。アメリカは9月に全国公開され、4970万ドルの興行収入を上げたと報じられているが、10月1日に封切られた中国での興行収入はまだ1460万ドル程度といわれる。

(翻訳:栗原紀子)

ジェニーン・マリー・ルソー

最終更新:10/21(月) 19:56
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事