ここから本文です

アップルが打ち出した“低価格路線“は、本当に新たな成長戦略につながるのか?

10/21(月) 12:11配信

WIRED.jp

アップルの最高経営責任者(CEO)であるティム・クックは、毎年恒例となった新製品発表会で再びステージに立った。ところが注目されたのは、iPhoneの光沢仕上げの本体やトリプルレンズのカメラだけではなかった。製品の価格に関するアップルのスタンスが目を引いたのである。

アップルの戦略は次の段階へと進み、サーヴィス企業としての未来を模索している

極めて異例なことだが、アップルはiPhoneのエントリーモデルである「iPhone 11」の価格を699ドル(日本では74,800円)からに設定したのだ。これは昨年の同時期に発表された同じくエントリーモデルの「iPhone XR」の当時の価格より、50ドル(日本では10,000円)安い。さらに注目すべきなのは、11の発売に合わせてXRの価格を値下げし、発売から2年経ったiPhone8の価格を449ドル(日本では52,800円)からに設定したことだ。

それだけではない。アップルは「Apple Watch」の最新モデルである「Series 5」を発表したあと、2世代前の旧モデルである「Series 3」を199ドル(日本では19,800円)からに値下げすることを明らかにしたのである。これはワイヤレスヘッドフォンの「AirPods」と同等の価格だ。

「『1』で始まる価格を設定したことはアップルの大きな意思表示です」と、調査会社であるCCS Insightのモバイル業界アナリストであるベン・ウッドは言う。「おかげでとても手が届きやすくなり、Fitbitのような競合にとっては厳しい状況になるでしょうね」

ユーザーの心変わり

プレミアム価格で有名なアップルが、たとえ旧モデルであっても低価格路線にシフトしたことは驚きだ。しかし、昨年の販売実績を見れば、この心変わりの理由を説明できるかもしれない。アップルにとって2018年のベストセラーは、649ドル(日本では69,800円)からのiPhone XRだった。つまりエントリーモデルの販売が、ハイスペックな「iPhone XS」や「iPhone XS Max」を上回ったということになる。

言い換えればスマートフォンの購入者は、アップルの最高のスマートフォンを手に入れるために余分な金額を払いたくない、ということでもある。アップルは中国で昨年、一部のiPhone、iPad、Mac、AirPodsの価格をおよそ6パーセント値下げした。これは中国におけるiPhoneの販売数が「予想以下」だったことに対応したものという。

調査会社のStrategy Analyticsでエグゼクティヴディレクターを務めるニール・モーストンは、次のように語っている。「アップルのファンは現在の価格設定にうんざりさせられていて、iPhone 11にはもっと安くなってほしいと思っています。心理的な境界線である1,000ドル(約11万円)を突破してしまったことは、多くの人にとって行き過ぎだったのです」

いまどきのスマートフォンは、より性能が高くなり、長く使えるようになっている。その事実を考えれば、iPhoneユーザーが高価な新モデルへの投資にあまり関心をもたなくなった、ということだろう。

1/3ページ

最終更新:10/21(月) 12:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事