ここから本文です

100円のコースターで!コンタクトレンズの管理がラクに

10/21(月) 21:10配信

ESSE-online

必需品であるがゆえに、収納や管理が面倒なコンタクトレンズ。そのストレスを、簡単な方法で少しでも減らしましょう!

コンタクトレンズユーザーである、整理収納アドバイザーの高田舞子さんが実践している、収納・管理方法について教わりました。

コンタクトケースの乾燥は珪藻土コースターにおまかせ!

私が使っているのは2ウィークタイプのコンタクトレンズ。コンタクトの着用後、コンタクトケースを洗って乾燥させる必要があります。
今まではなんとなくティッシュに包んだり、その辺にポイと置いたりして、方法も定まっていないのは見た目にも気持ちよくないものでした。
そこで目をつけたのが、水滴の強い味方、珪藻土コースター。

朝は洗ったケースをコースターの上にポンと置くだけ。
夜は外したコンタクトをケースに収納し、同じくコースターの上において眠りにつくというわけです。洗面化粧台にコースターを常設し、コンタクトケースの乾燥に関してもルールが決まりました。

私たちは毎日、たくさんの判断や計算をしながら暮らしています。毎日使うアイテムだからこそ、脳を使わない、シンプルなルール化はストレス減にとても効果的ですよ。

●コンタクトの収納にもひと工夫

コンタクトの収納もいたってシンプル。洗面化粧台の鏡裏の収納棚にある100均のボックスに、ひとつずつ千切ったコンタクトを箱に放り込むだけ。

購入後に箱をあけ、繋がったコンタクトを別々にはがしておくことで、朝の慌ただしい身支度時にもすぐにコンタクトの装用ができます。
左右で度数が異なっていた際は左目用は左のボックス、右目用は右のボックスに入れていました。
今はワンデーも2ウィークも左右同じ度数なので、左ボックスにはワンデーを、右ボックスには2ウィークを収納するようにしています。

私はラベリングをしていませんが、ラベリングが好きな方や家族内で複数人がコンタクトを使用していて個別に分けたい場合などは、簡単にラベリングをすることをオススメします。
左、右、名前、など字を書いてもいいですし、好きなマステをはるだけで、自分専用と区別できます。

1/2ページ

最終更新:10/21(月) 21:10
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ