ここから本文です

ノーベル文学賞では測れない功績―新しいフロンティアを開拓した村上春樹

10/21(月) 16:01配信

nippon.com

ニッポンドットコム編集部

長年にわたりノーベル文学賞の有力候補として話題に上ってきた村上春樹だが、今回も受賞しなかった。だが、世界的人気作家となった村上が翻訳文学に果たした役割は大きい。

2018年、19年のノーベル文学賞の発表があった翌日の10月11日に、村上春樹はイタリアの文学賞(=ラッテス・グリーンツァーネ賞「ラ・クエルチャ」部門)を受賞し、北イタリアのアルバで「洞窟の中のかがり火」と題した記念講演を行った。物語を魂の「暗闇を照らすかがり火」に例えて、それは小説にしかできない役割だと語ったと報じられている。ノーベル賞受賞は逃したが、「世界のムラカミ」は健在である。

有力候補と言われ続けて

村上は作品が50カ国以上で翻訳刊行されている世界的人気作家だ。一方で、国内の「文壇」からは距離を置いてきた。例えば、川端康成や大江健三郎のように日本ペンクラブの役職を務めたこともなければ(そのことがノーベル文学賞選考では不利になるという評論家もいた)、文学賞の選考委員を務めたこともない。大江が23歳で受賞した「芥川賞」には、1979年、デビュー作『風の歌を聴け』、80年『1973年のピンボール』と続けて候補にはなったものの、受賞には至らなかった。

2006年に、ノーベル文学賞の指標の一つともいわれるチェコの文学賞「フランツ・カフカ賞」を受賞。それ以降下馬評では毎年のように有力候補といわれ、英国ブックメーカー(賭け屋)の予想オッズサイトでは常に上位の人気だった。今回も、ドイツ在住の作家、多和田葉子とともに名前が挙がっていた。もっともノーベル賞の選考経過は50年間非公開とされているので、「スウェーデン・アカデミー」が村上を有力候補として検討していたのかどうか定かではない。

「この十数年ほど国内外で候補に挙げられながら受賞しなかった理由として、村上作品は大衆的で、(選考に影響力のある)批評家や研究者が好む作風ではないからだなどと言われてきました」と比較文学を研究する河野至恩上智大学准教授は言う。「また、村上の作家像が選考委員会の求めているものとずれているのではないかという声もありました。例えば、マイノリティーを代表するなどの『政治性』がない、女性描写が男性中心的だ、などです。しかし、近年、ボブ・ディランがその歌詞の文学性を評価されて受賞したり、どちらかというと村上同様、一般読者の評価が高かったカズオ・イシグロが受賞したりと、選考委員会の志向が変わってきたという見方がありました」

しかし、今回は選考委員会のスキャンダルを経てメンバーが一新、2人の受賞者(ポーランドのオルガ・トカルチュク、オーストリアのペーター・ハントケ)を見る限り、「志向の変化」は受け継がれなかったようである。ちなみに、ディランやイシグロへの授与などで、賞の新境地を開いたといわれたサラ・ダニウス前事務局長は、10月12日に乳がんで死去した。

1/3ページ

最終更新:10/21(月) 16:01
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事