ここから本文です

損失は13億ドル? Instagramに蔓延する「偽フォロワー」との終わりなき戦い

10/21(月) 12:43配信

WIRED.jp

Instagramを中心に増加の一途をたどる「偽フォロワー」の数。インフルエンサーたちが“購入”した、この不在のフォロワーに対する広告費として、ブランド側は2019年だけで計13億ドルもの損失を被っている。日々進化するインフルエンサーによる偽フォロワー獲得の手口と、それを検知するテクノロジーの終わりなき「軍拡競争」とは。

難しい「休眠アカウント」との差別化とは?

Instagramには、偽のフォロワーをでっち上げる手口が蔓延している。この手口によって、わたしたちがネット上でそれと気づかずにすれ違っている「ほぼ完全な偽造人間」が量産されており、その数は9,500万人分以上に膨れ上がっているという。偽フォロワーは、オンライン上の多数のサーヴィスを通じての大量購入のみならず、自動販売機からコインで買うことさえ可能だ。

アーティストのドリス・ディポーターが制作した、「Quick Fix」という名の「人気」販売機は、ワンボードマイコンの「Arduino」とキーボードを搭載した壁掛けのマシーンだ。自分のSNSのユーザーネームを入力すれば、たった1ドルからお好みの「いいね」やフォロワーといった「偽りの人気」がすぐに手元に届くという。

フィンランドのヘルシンキで発表されたこの「Quick Fix」は、人々の驚きを呼んだ。「お金で偽の人気が買えることを、若者でさえ知らなかったのです。でもみんな買いたがっていましたね」とディポーターは言う。「街なかでは、炭酸飲料の自動販売機の横に置くのがぴったりだと思いますよ」

増加する「偽フォロワー」への広告費用

偽フォロワーは、どんなところにでもうまく入り込んでいる。無名のマイクロインフルエンサーの人気ランキングをつり上げたり、駆け出しのTシャツ販売ビジネスに幻の顧客を生み出したり、あるいはエレン・デジェネレスのような有名人アカウントをフォローする実在のファンの群れに紛れ込んだり、といった具合だ。

アドテクノロジー企業のCHEQが発表したレポートでは、このような偽フォロワーによって生じるブランド側の損失は、2019年だけでも13億ドル(約1,400億円)に達すると予測されている。

インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーたちに支払われる報酬の一部は、オーディエンスの規模に基づいて決められている。つまり、インフルエンサーのアカウントが偽フォロワーでいっぱいだとすれば、ブランド側は実在しない人々に向けて広告を発信するために、余計な費用を負担していることになる。

代理店やスポンサーを希望する企業も、そのような詐欺が横行していることを自覚しており、警戒を強めている。インフルエンサーマーケティング代理店のHelloSocietyでデジタルタレント部門のシニアマネージャーを務めるガブリエル・ヴォートは、ル議のように語る。

「ここ数年、当社は契約でインフルエンサーに責任を課すようになりました。それはインフルエンサーたちに、これまでコメントポッドやボッティング、あるいは偽フォロワーの購入に関与していないという条件に必ず同意してもらうということです」

1/3ページ

最終更新:10/21(月) 12:43
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事