ここから本文です

床ドン!?肩ズン!?10代女子8,000人が選ぶ「壁ドンを超えるシチュエーション」ランキング!

10/21(月) 17:34配信

@DIME

床ドン!肘ドン!足ドン!そして、頭突き!

これはSimejiが10代女子8,000人に聞いた「壁ドンを超えるシチュエーション」でランクインしたキーワード。決してプロレス技ではない。

今回Simejiトレンドリサーチチームは、リアル恋愛世代のティーンが真に求める恋愛シチュエーションについて調査を実施。特筆すべきは男女別の集計結果でも5位までが男女ともに完全に一致した点だ。それではランキングを見てみよう。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

こんな風に胸きゅんしたい“ネクスト壁ドン”


1位は後ろから抱きつかれる「バックハグ」。いわゆる「なろ抱き」。包容力は、経済力でも精神力でもない。抱きつき力であることがわかる。

2位は仰向けで寝ているところを上から「床ドン」。じゃれあっていた状態から不意にそうなる、という流れがベストのようだ。肩を抑えてカウントしてしまうと「ピンフォール」になるので注意が必要。

3位は肩に頭をもたれかける「肩ズン」。壁やら床やらドンドンとやんちゃな彼でも、たまには甘えさせてあげたくなるもの。

4位は「顎クイ」。乙女ゲームの真骨頂ともいえるシチュエーションだが、男性もこのポーズに挑戦したいと考える人が少なく無いのは興味深い。

5位は「頭突き」。互いのおでことおでこでそっと触れ合うこと。ヘッドバットではありません。「あれ?熱っぽい?どれどれ。」のような流れ。

6位は肘から下全体を使った「肘ドン」。両手を使って相手を壁にロックする技で「より近い壁ドン」という位置付け。なお男性ランキングの6位は「デコツン」だった。

7位は「腕ゴール」。逃げる相手を片腕で引き止め抱き寄せる。腕を当ててしまうと「ラリアット」になってしまう。なお男性ランキングの7位は「肘ドン」だった。

8位は「指チュウ」。人差し指や親指などを間に挟む指越しのキスであり、じらし技の1つ。

9位は「デコツン」。おでこを指でツン。他の技より比較的実現性が高いシチュエーションのように感じるが、繰り出すタイミングが測りにくいかもしれませんね。なお男性ランキングの9位は「腕ゴール」だった。

10位は「足ドン」。手が使えない前提のため両手をポケットに入れるなど、ちょっと悪っぽい雰囲気になる技だ。その悪っぽさにティーン心がくすぐられるのかもしれません。なお、調査チームの希望で選択肢に入れた「にのツン」(二の腕をツンツンする)は選外だった。

※集計期間 2019/7/18~2019/7/26 有効回答数 10代女子8,282 

構成/ino

@DIME

最終更新:10/21(月) 17:34
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事