ここから本文です

カタールW杯2次予選 VSモンゴル・タジキスタン|サムライブルー 酔いどれ観戦記

10/21(月) 16:05配信

幻冬舎plus

ヤシキケンジ

2次予選って怖いよね、という話である。
モンゴルやタジキスタンとか、そういう相手にきちんと失点をゼロに抑えて大量得点で勝っても文句を言われるのだから、何をしても文句を言われてしまうのだろう。 

久保を出す時間が短い! もっと見たかったのに! 監督無能すぎ! 解任しろ!

などと、ヒステリックにカキコミする人もいるくらいなのだ。
ストレスをぶつけてるんだろうなあ。けど、そんなガヤってると余計なストレスを生み出してそうだよなあとも思う。
2次予選くらいは、キングオブコントの「うるとらブギーズ」のコントくらいの温度で見ていればいいのに。
2次予選くらいは、「乳首サッカー・乳首オフサイド」くらいの生ヌルい視線で見ているくらいで丁度いいと思う。
いまからそんなカリカリしてると、最終予選では精神が保たなくなるぞ。
それにしても、である。
タジキスタン戦を見ていて気になったのは、タジキスタン人の観客の諦めの早さである。

後半になり日本が立て続けに2点を奪うと、前列の客たちはぞろぞろと帰り出している光景が映し出された。それも結構な数。
時間でいっても、まだ後半10分くらいなのに早々に試合を諦めて帰っていく。
日本に2点もリードされたらもう逆転も無理だ。帰ろう帰ろう。
おそらくはそんなところだろうと思うが、にしても見切りが早いタジキスタンの人々であった。
試合の途中で帰ってしまうようなああいう人たちは、映画館で映画を見ていても面白くなければ途中で帰ってしまうのだろうか?

松木安太郎である。「おおおーーーいっ!!」「ダハハハハハ!!」等のSE実況はいつも通りではあったのだが、心なしか元気がない。というか歳を食ったのか、ボキャブラリーも一時期よりも減った気がするし、なにより覇気が感じられない気がして少し心配。
まだ2次予選だから抑えているのだろうか。
それとも、セルジオ越後がいないから今ひとつ元気が出ないのだろうか。それとも、ゴン中山だと若干ポジションがかぶるのか?
デュエルに負けるな安太郎。

「W杯予選」「テレ朝」「松木安太郎のガヤ」あと「川平慈英」は永遠に続いていくはずなのだ。
きっといつか松木安太郎が死んでしまっても、これまで録音した松木音声を適時で流せば十分使い回し可能。
これから先も日本代表の動向と共に注視していきたい安太郎だが、そういえば相方のセルジオ越後は一体どこへ行ったのだろうか??

4試合連続得点中の南野拓実。とは逆に(逆にというわけでもないが)代表で10年振りの得点を決めた長友は南野にこんなコメントを送っていた。
「いまは絶好調だけど、ダメな時も来ると思うから、そんな時でも彼がブレないメンタルを持っているか。それが彼が進化するためのカギになると思う」
1点しか取ってないくせに偉そうだな……というのはさておき、本田、岡崎、香川等、北京五輪世代が次第に代表に呼ばれなくなっていくなかで、現時点で生き残っているのは長友だけである。
長友は、いわゆる攻撃のポジションではないから、一概に比べられないのだが、「上手さ」がウリの選手ではないということは自他共に認めるところである。

「僕にはサッカーの才能はない。しかし、努力する才能はある」
「努力に勝る天才なし」
「『日本代表にはまだ長友がいるのか』『もっと若い選手を使えよ』という声もあるかもしれないけど、白米は噛めば噛むほど味が出る。長友がいたら日本代表は味が出るな、融合しているなと思わせるようなプレーをしていきたい」

こうしてまだ代表に残っているのが本田、岡崎、香川ではなく「素朴な白米長友」だというところが、興味深い。
彼がイタリアのチェゼーナに移籍して、半年で名門インテルに移籍したあたりから、圧倒的にキャラクターが立つようになった。
決して上手くはないのだが、走りまくって足りない技術を補いながら7年もインテルに在籍したのだから、サッカー選手としての評価は決して上手下手だけではないのだと、我々日本人は勉強させられたのである。

本田は来年の東京五輪に出たがっているようだが、本田よりも長友に出て欲しいなと思っている。
センスや技巧ではなく「努力の継続」という誰にでも可能そうだが、しかし誰も中々続けることができない類い稀なる才能でいぶし銀の活躍を続ける長友の代表の姿を見ていると、なにやら勇気のようなものをもらえる気がするのである。
 


■ヤシキケンジ
ライター。1979年生まれ。構成・アニメ・ドラマ・雑誌・ラジオ等で時々、仕事。10代の頃はジャニーズjr.の中に人知れず紛れ込んでおりました。今はポンコツ。

最終更新:10/21(月) 16:05
幻冬舎plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事