ここから本文です

注目のマドリード・ダービーは世紀の凡戦に【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

10/21(月) 8:26配信 有料

SOCCER DIGEST Web

不甲斐ない3強の戦いぶり

スコアレスドローに終わったマドリード・ダービー。プレーの強度こそ高かったがその質は低く、ゴールが生まれる気配すらなかった。(C) Getty Images

 開幕から約2か月が経過し、トップ3が揃って勢いを失いつつある。そんなタイミングで行なわれたマドリード・ダービーは負けを恐れた両者による世紀の凡戦となった。3連覇を狙うバルサからも“らしさ”は失われ…。(文:ヘスス・スアレス/訳:小宮良之 2019年10月17日発売 ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載)

―――◆―――◆―――

 プレシーズンマッチを見た限りでも、バルセロナ、レアル・マドリーの低迷は十分に予想できた。突き抜けるとすればアトレティコ・マドリーだったが、その勢いは早くも失せてしまっている。そして必然的に、ラ・リーガは混戦状態となった。

 8節終了現在で、首位のマドリーと6位セビージャの勝点差は5。この拮抗した状況で昇格組であるグラナダの4位は大健闘と言えるが、それよりもここまではトップ3の不甲斐なさのほうが 本文:4,172文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:10/21(月) 8:26
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ