ここから本文です

【J1ベストイレブン】ゴールを量産する横浜のFWをMVPに!今季最多7度目の選出となったのは?

10/21(月) 20:16配信

SOCCER DIGEST Web

浦和に勝利の大分から2人を選出

 J1リーグは10月18日、19日に各地で第29節の9試合を開催した。ここでは今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。

【サポーター必見】カメラマンが厳選するルヴァン杯準決勝、J1第29節の"ベストショット"ギャラリー!

 今節を終え残り5試合となったJ1リーグは、上位3チームが1ポイント差の中にひしめく大混戦となっている。

 首位を追いかける3位の横浜は、湘南との神奈川ダービーを3-1で危なげなく制した。その試合で先制点を挙げて勝利を呼び込んだ仲川輝人を今節のMVPに選定。ゴールだでなく、チャンスメークでも貢献した。これで今季12ゴール目となり、日本人トップタイの得点ランキング4位に浮上している。

 前節に首位の座を鹿島に明け渡したものの、神戸に3-1と快勝して勝点でトップに並んだFC東京からは、貴重な先制点でチームを活性化した髙萩洋次郎と、決定機を阻止するなど素晴らしい守備を見せた渡辺剛を選んだ。

 その3チームを追いかける4位広島は、清水に2-1で逆転勝利を収めた。その2得点をアシストし、多くのチャンスを作り続けた柏好文が今季最多となる7度目のベストイレブン入り。敵地で1-0と競り勝ったC大阪からは、決勝点となるゴールを挙げた柿谷曜一朗を今季初めて選出した。

 G大阪と2-2の引き分けに終わった川崎からは、負傷交代した18節以来、久々の先発フル出場でその存在感を見せつけ、ゴールも奪った大島僚太を、G大阪からは脳震とうになりながらも執念のヘッド弾を決めた倉田秋をチョイスした。

 その他では、浦和の猛攻を耐え凌ぎ、アディショナルタイムの1点で勝利した大分から、ビッグセーブ連発のGKの高木駿と、決勝点をアシストしたDFの三竿雄斗。名古屋に2-0で勝利した仙台から、先制点を決め、攻守に素晴らしい働きを見せた平岡康裕。そして、1ゴール・1アシストをマークした鳥栖の金崎夢生を選出した。

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

GK
1 高木 駿(大分)7●3回目
ボール保持している時には、寄せられても浮き球でうまく味方につないでプレスを無効化。90分過ぎに2つのビッグセーブで勝利を引き寄せた。

DF
13 平岡康裕(仙台)6.5●初選出
名古屋のゾーンディフェンスの外側から先制ヘッドを叩き込む。狙い通りのプレーをモノにし、チームに勢いをつけた。後半もセットプレーで存在感を見せ、攻守に素晴らしい働き。

32 渡辺 剛(FC東京)6.5●4回目
14分のサンペールからビジャへのスルーパスに対応。65分の小川の決定機も阻止。全体を通して素晴らしい守備を見せていた。

3 三竿雄斗(大分)6.5●初選出
浦和の攻撃に必死に耐えて、最後のカウンターでは決死のオーバーラップから正確なクロスでアシスト。

MF
8 高萩洋次(FC東京)6.5●2回目
貴重な先制点でチームを活性化。守備ではサンペールにプレスをかけ続け、思うようにプレーさせなかった。攻守での活躍でFC東京に再び活力を。

10 大島僚太(川崎)6.5●2回目
やはり、川崎の攻撃の中心であることを証明する。ボールに絡むだけでなく、中盤の並びを変えた後半は、相手の嫌な位置に顔を出して攻撃を牽引。L・ダミアンが競ったボールを得点に繋げた。

10 倉田 秋(G大阪)6.5●4回目
一見、いつものような積極的な仕掛けが少ないように見えたが、アンカーの脇のスペースなどをしっかりとケアするなど、守備意識が非常に高かった。チームを救う貴重な同点ゴールを決めるも無念の負傷交代。

18 柏 好文(広島)7●7回目
ドリブルも相手の嫌なところに飛び出す3人目の動きも冴えて2アシスト。その他にも多くのチャンスに絡み、チームの好調ぶりを象徴する働きを見せた。

THIS WEEK MVP
FW
23 仲川輝人(横浜)7●5回目
見事な左足シュートで今季12点目。自身のキャリアハイを更新中。周囲を巧みに使い攻撃陣をリードする。後半途中に右太もも裏を痛めたことで暗雲漂うが…。

44 金崎夢生(鳥栖)6.5●初選出
ペナ角でタメをつくり、DFの股を通した先制点アシストのスルーパス、3人のDFをかわして決めたゴール、いずれも見事。味方ボランチと相手FWをはさみこむ守備も効いていた。

8 柿谷曜一朗(C大阪)6.5●初選出
立ち上がりに見せたフィニッシュの精度はさすがと言うしかない。その後の時間帯はミスもあったが、献身的にプレーし続けた。

※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:10/22(火) 15:54
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事