ここから本文です

【ラグビーW杯】稲垣啓太が覗かせた充実感 日本のスクラムが「世界に通用すると証明できた」

10/21(月) 8:13配信

THE ANSWER

一躍注目を浴びた日本のスクラム、最前線で体を張り続けた稲垣にとっての課題と収穫

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本は南アフリカに3-26で敗れた。4強入りはならず、快進撃もストップ。健闘及ばず涙をのんだ。今大会で一躍、日本のストロングとして注目を浴びるようになったスクラム。最前列で体を張ったPR稲垣啓太は、世界屈指のフィジカルを誇る南アフリカに対しては反省を口にしつつも、「長谷川コーチとやってきたスクラムが世界に通用することが証明できた」と胸を張った。

【動画】稲垣が、姫野が、田村が男泣き! ピッチ上で円陣を作り、熱く語るのは…試合後に日本が作った“最後の円陣”の実際のシーン

“笑わない男”として一躍、脚光を浴びた稲垣。試合後はピッチに出て、仲間と健闘を称えあうと、思わず男泣き。試合中はなかなか感情を表に出さないポーカーフェイスが感極まった。

「南アフリカのセットピースは非常に強力でしたし、そういう南アフリカさんの強みが出てしまった、出させてしまったなという感じですね」

 フロントローの一角として、強靭なフィジカルを誇る南アフリカと激しくぶつかった。前半10分には危険なタックルで相手がシンビン(一時退場)となる場面も。後半8分に中島イシレリと交代するまで、肉弾戦を挑み続けた。

 間違いなく強みとなった今大会の日本のスクラム。アイルランド、スコットランドには押し負けず、世界を驚かせた。この日も真っ向勝負を挑んだが、世界最高峰の南アのFW陣に対しては後手に回るようなシーンもあり、「前半最初のファーストスクラムはちょっとコールが聞こえなくて、それでペナルティ取られましたけど、それからほぼ問題なかったですね。ペナルティを取ったシーンもありましたし。ただ、後半になって、その辺の境界線が曖昧になってしまってペナルティを重ねたシーンもあったんですけど、やっぱりいいスクラムも当然あったし、ただ、今日は悪いスクラムが先行してしまった感じですね」と悔しさも覗かせた。

 さらに日本がセットピースを強みとするために、何が必要なのか。「もっと向上させる必要があります。結局、今日はそこで南アフリカが全面に出してきましたから。セットピースは継続して向上が必要なんじゃないですかね。

 まずしっかりボールに対してコンタクトすること。相手がラインアウトでアタックしてきた時に空中で競ること。もし取れなくても相手のパワーポジションを崩すことでモールの力を相殺することをねらっていたんですけど、やはり南アフリカのラインアウトが非常に優秀でスキルも高かった。当然サイズも高かった」と相手の技術の高さを認め、さらに磨き上げていくことが必要だと強調。

 そのうえで「まずペナルティをしないことをやって、前半はそれができた。セットピースに対するディシプリン(規律)が勝敗を分けたんじゃないですかね」と冷静に分析した。

1/2ページ

最終更新:10/21(月) 8:13
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事