ここから本文です

【ラグビーW杯】日本快進撃が世界に残した記憶 英紙絶賛「どこが優勝しても日本のW杯と刻まれる」

10/21(月) 10:30配信

THE ANSWER

ガーディアン紙が称賛「4連勝という誇りが響き渡っている」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。それでも、勇敢な戦いぶりを見せた選手たちについて、英紙は「どこが優勝しても、これが日本のW杯だったとして記憶に刻まれ続ける」と絶賛している。

【動画】「これ素敵!」「最高のシーン」と反響! 試合後の客席でドラマ、再生140万超の場面とは…日本ファンが演じた“ノーサイドのユニ交換”の実際のシーン

「最後まで弱音を吐かない日本のスピリットはラグビーW杯後に育まれていくことになる」と見出しを打って特集したのは、英紙「ガーディアン」だった。快進撃が8強で止まった日本について、記事では「さようなら、そして、ありがとう、日本」と惜別。「傷は次第に癒え、折れた骨は治り、涙は乾いて、やがて痛みさえも消えていくだろう。なぜなら、最後の数週間で成し遂げた全てのこと、この日の敗戦までに打ち立てた4連勝という誇りが響き渡っているからだ」と粋な表現で労った。

「たとえ、残っている4チームのどこかが優勝しても、これが日本のW杯だったとして記憶に刻まれ続けるだろう」と言及。「ホスト国としての任務を全うしただけではなく、選手の大部分がいまだアマチュアのチームに在籍している中で勇敢で機知に富み、溢れ出る創造性で、この競技に光を灯した」。大会を去ることになった日本。それでも、格上とされてきたアイルランド、スコットランドを撃破し、南アフリカに対しても諦めずに走り抜いた姿勢は“ラグビーの母国”も認めていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/21(月) 11:48
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事