ここから本文です

【ラグビーW杯】退場宣告の仏戦主審、ファンとの“肘打ちポーズ写真”で炎上「W杯から追い出せ」

10/21(月) 11:37配信

THE ANSWER

南アフリカ人の審判がレッドカードの場面を揶揄するようなポーズで波紋

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、大分スポーツ公園総合競技場で準々決勝が行われ、世界ランク3位・ウェールズが同8位・フランスを20-19で下し、4強入りを決めた。この試合でフランスのバハマヒナが相手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場となったが、レッドカードを宣告した主審が試合後にウェールズファンと一緒に“肘打ちポーズ”をしたとされる写真を海外記者が公開。「この男は恥そのものだ」と波紋を呼んでいる。

【画像】「W杯から追い出せ」と海外波紋! 相手ファンと一緒に取った行動は…フランス戦主審が撮った“肘打ちポーズ”の実際の写真

 フランス―ウェールズ戦で起きた退場劇が思わぬ波紋を呼んでいる。フランス放送局「Le Figaro」のアルノー・コーディ記者が自身のツイッターで公開したのは1枚の画像だった。赤のウェールズジャージをまとった一団。その中心で一人、黒のポロシャツを着た男性が右肘を上げ、隣のウェールズファンの顎に当てるようなポーズを取っている。表情は笑顔だったが、これが試合を裁いた南アフリカ人のジャコ・ヘイパー主審だという。

 ポーズは後半9分にフランスのバハマヒナがモールの中でウェールズ選手に対し、顔面に食らわせた肘打ちを揶揄しているものに見える。この写真に海外メディアも反応し、ニュージーランドメディア「スタッフ」は「審判ジャコ・ペイパー、ウェールズファンとのポーズがラグビーW杯で物議を醸して炎上」と題して特集。記事では「準々決勝で極めて重要な局面となったレッドカードの攻撃を模範した写真は、フランスファンを怒らせることになった」と紹介している。

「写真はあくまで冗談の一環として撮影されたもの」としながら、ネット上で論争を呼んでいると指摘。「この男は恥そのものだ」「レッドカードは正当な判断だ。しかし、この写真に関しては正当性を疑う」「この写真が彼をラグビーW杯から追い出してくれることを願うばかり」「恥ずべきパフォーマンス」との声が上がっているとしている。冗談でありながらも軽はずみに演じてしまった行動は大きな波紋を呼ぶことになってしまった。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/22(火) 13:27
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事