ここから本文です

福山雅治、ショートドラマで謎のビジネスマン役に!<スカッとジャパン>

10/21(月) 21:00配信

ザテレビジョン

福山雅治が、10月28日(月)放送の「痛快TV スカッとジャパン」(夜8:00-9:00、フジテレビ系)でショートドラマに挑戦。福山が番組に登場するのは、2年ぶり3度目となる。

【写真を見る】猫を抱き寄せる姿もカッコイイ!福山雅治演じるビジネスマン・宇賀神圭吾

今回福山が演じるのは、ビジネスマン・宇賀神圭吾。常にカッチリとしたスーツを着こなし、髪もキッチリ整っていて、見た目はまさに仕事のできる“ビジネスマン”そのもの。

そんな“宇賀神”が今回も3作品で困っている人たちのピンチを救うため、スカッと走り、難題を華麗に解決する神対応を見せる。

■ 胸キュンな一言で女性を救う

1作目は、あるOLに起こった出来事。車で買い物に出掛けようとしていた時、その車の下にネコが潜り込んでいる事に気付き困っていると、そこに福山演じる宇賀神圭吾が現れ、ビジネスマンならではのあるものを使って、この難題を解決する。

さらに、“ネコ”が絡むピンチを切り抜けた後、お礼を言った女性に対し、宇賀神がその紳士的な見た目からは想像もできない“胸キュン”な一言を女性の耳元でささやく一幕も。

■ 驚異の身体能力を披露!

2作目は、妊婦さんに巻き起こった出来事。公園で息子と遊んでいた時、息子がすべり台で遊ぶと言い、それを見守っていた時の事。他の子供もすべり台に集まってきたため、他の子に譲るために早く降りてくるように促したのだが、息子がなかなか降りてこない。

まだ小さい息子にとって、登ってみると想像以上にすべり台が高かったのか、怖くて降りられなくなってしまったのだ。「ママ、助けて」という息子だが、大きくなったおなかですべり台の上に登る事に不安だった妊婦さん。

そこに現れたのが宇賀神だ。困っている息子のもとへ考えられない方法、驚異の身体能力で向かう。そして、その息子とある“約束”を交わすのだった。その約束にこの家族もうっとりしてしまう。

■ 女性に掛けたすてきな一言とは

3作目は、迷子になった女の子の話。あるショッピングモールで迷子になっていた女の子。通りすがりの女性が声を掛けるも泣いてばかり。そこを偶然通りかかった宇賀神。

宇賀神が話し掛けてもずっと泣いている女の子に困っていた時、女の子が持っていた“あるもの”に目が止まると、宇賀神は突然走り去ってしまったのだった。

一緒にいた女性も困っていたら、戻ってきた宇賀神が驚きの行動に。見事に女の子のピンチを救った宇賀神が、迷子の女の子に声を掛けていた女性にすてきな一言を放って立ち去る。その言葉とは…。

■ 新木優子「ドラマみたいに見えちゃう」

このショートドラマを見ていたスタジオでは、格好良くトラブルを解決する福山にうっとりしつつも、なぜか随所で笑いが起こる。

ショートドラマはすべて視聴者からの投稿を再現しているため、福山ならではの演出はないとあらためて説明。

そもそも“宇賀神”は、一体何の仕事をしているのかなど疑問も飛び出すが、司会の内村光良から「通りすがりの男性、宇賀神圭吾」と説明され、さらに福山自身がこの役をどう思っているかなどが語られる。

スタジオゲストの戸田恵子は、ドラマの感想を聞かれ笑いが止まらない様子だったが、福山を大絶賛。

三田寛子は「スカッとジャパンでしか見られない」と言い、さらに福山を呼ぶセリフにモノ申す場面も。新木優子は「福山さんがやるから現実味がなくなって、ドラマみたいに見えちゃう」と語る。

さらに、内村がこのドラマの撮影当日に起こったとある“奇跡”を紹介し、スタジオゲストからは「さすがスター!」と驚きの声が上がる場面も。

■ ゲストの幼少期の写真も公開!

この他、新木は3年前にショートドラマには登場した経験があり、その頃のエピソードを語る。

また、番組の初回スタジオゲストとして登場したことがある戸田も含め、それぞれスカッとする瞬間の写真や幼少期の写真を公開。そして、今まで経験した一番大変だった仕事などを語る。

ショートドラマでは、笹野高史、津田寛治、濱田マリ、山村紅葉らが登場し、日常に潜む非常識な奴らを良識ある大人がスカッと成敗。

「ファミリースカッと」「本当にあった人生大逆転スカッと」などバラエティーにとんだラインアップとなっている。

(ザテレビジョン)

最終更新:10/21(月) 21:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事