ここから本文です

真っすぐの威力が大野雄大選手の復活のカギに【立浪和義の超野球論】

10/22(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

かわすピッチング

初の最優秀防御率のタイトルを手にした大野

 残念ながらまたもBクラスの5位に終わってしまいましたが、昨年と比較すれば、今年のドラゴンズはいい戦いをしていたのではないでしょうか(昨年が悪過ぎたのもあります)。大きく改善したのは投手陣ですね。昨年はリーグ最下位の防御率4.36でしたが、今年は3.72となっています。

 先発陣では大野雄大選手の復活が大きかったと思います。9勝(8敗)どまりで2ケタ勝利に届かなかったのは本人も課題に感じているでしょうが、2.58で最優秀防御率のタイトルに輝き、9月14日の阪神戦(ナゴヤドーム)ではノーヒットノーランもマークしています。対巨人、対阪神の防御率1点台も素晴らしいですね(対巨人1.33、対阪神1.35)。

 2015年まで3年連続2ケタ勝利を続け、エース格の存在となった時期もありましたが、少しずつ結果が出なくなり、昨年は0勝3敗、防御率8.56になってしまいました。

 何度も書いていることですが、好投手の条件は・・・ 本文:1,018文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/22(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る