ここから本文です

釣れないときこそ試したい! スピナーベイト簡単チューン!【JBトップ50プロ黒田健史直伝】

10/22(火) 9:19配信

ルアマガ+

リアクションバイトを誘うためのワザアリチューン!

まずは写真のスピナーベイトをご覧ください。

これは、国内最高峰カテゴリーJBトップ50で活躍している黒田健史さん所有の『バンタム スウェジーDW1/2オンス(シマノ)』であり、先日行なった千葉県・三島湖での『ガチバスBtoB』取材時に使用していたもの。

写真まとめ

よく見ると、お店で売っているものとはちょっと違うような…

すぐに分かるのはフッキング率を高めるためにトレーラーフックを装着していること。ですがそれだけではなく、実はほかにも、あるパーツをちょっとチューンしています。どの部分か分かるでしょうか?

正解は「リアブレードをサイズダウンしている」

ノーマルのDW1/2オンスにはデフォルトで#3.75のBtブレードが装着されているのですが、取材の2日目、黒田さんはこれをフロントと同じ3.25に換装。

黒田「昨日、若干リアクション的に食ってきている感があったのでスピードを活かしたい。それと、オリジナルのブレードサイズだとパワーがあるので、その部分を控え目にしつつ、という感じです」

その結果、見事にナイスサイズをキャッチ!!

ブレードを変えればスピナーベイトの性格が変わる!

黒田「スピナーベイトのローテーションというと、別のモデルにシフトする人が多いと思うんですが、このチューンを施すだけでも結構性格が変わるんですよ」

スペアブレードとスプリットリングプライヤーを用意しておけば、現場ですぐに実践できるお手軽チューン。にもかからわず、その効果は絶大! お試しあれ!

最終更新:10/22(火) 9:19
ルアマガ+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ