ここから本文です

今なら安く買えるチャンス。E-Vinoに乗りましたー!【フル充電14円で楽しい走り!】

10/22(火) 11:30配信

WEBヤングマシン

近藤スパ太郎の電動バイクに乗っタロウ!【第2回】

2015年に発売された、ヤマハのオシャレな電動スクーター「E-Vino」が今密かな話題を呼んでいる。東京都が電動バイク購入の助成金を個人も対象にしたため、ほぼ半額で所有できるのだ。コレ、凄くない?

【写真をまとめて見る】

キビキビ走りじゃないけど、E-ビーノは楽しいね!

小池百合子都知事が電動バイクを「ゼロエミバイク」と呼び、普及促進を宣言した去年から東京都の電動バイク購入の助成事業は始まった。そして今年の4月からは「個人」も対象になった。対象の車種名と助成金額は「クール・ネット東京」HP内に掲載されていて、「E-ビーノ」の場合は東京都の助成金が8万円。国からの助成が2.6万円で、合計10万6000円が助成され、11万3000円(税別)で購入できるってワケ! そこで、E-ビーノがいったいどんなバイクなのか試乗してみた。先にお伝えすると、E-ビーノは「片道5km以内の近距離移動をする女性」をターゲットに開発。長距離を走る訳でもなく、スポーティでもないのがコンセプトだ。

【助成金を活用すれば、ほぼ半額に! ※上図は東京都(クール・ネット東京)助成金の場合。助成金の有無や金額は地方自治体によるので確認を。国からの補助金は一般社団法人次世代自動車振興センターまで】

【ヤマハ E-Vino】主要諸元■全長×全幅×全高(mm):1,675×660×1,005●車軸間距離:1,160mm●シート高:715mm●車両重量(バッテリー装着時):68kg●1充電走行距離:29km(30km/h 定地走行テスト値〈標準モード〉)●原動機種類:交流同期電動機●定格出力:0.58kW●最高出力:1.2kW(1.6PS)/3,760r/min●最大トルク:7.8N・m(0.80kgf・m)/330r/min●バッテリー種類:リチウムイオン電池●バッテリー電圧・容量:50V・10AH(10H)●充電時間:約3時間●タイヤサイズ(前後同じ):90/90-1041J(チューブレス)●車体色:ホワイトメタリック1(ホワイト)、ビビッドイエローイッシュレッドメタリック1(オレンジ/ホワイト)

1/3ページ

最終更新:10/22(火) 11:30
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事