ここから本文です

【DEEP JEWELS】川村虹花がハイキックでダウン、猛反撃も一歩及ばず

10/22(火) 17:09配信

ゴング格闘技

10月22日(火・祝)『DEEP JEWELS 26』が後楽園ホールで開催された。

【写真】パウンドで猛反撃する川村、逆転を狙ったが…

▼第2試合 DEEP JEWELS 49kg 5分2R
×川村虹花(仮面女子)48.9kg
[判定0-3]※19-19マスト判定永尾3者
○永尾音波(AACC)48.9kg

仮面女子の川村は総合格闘技の試合を見たことをきっかけに興味を持って自身も習い始め、2017年12月に試合初出場。勝利を収めると2018年3月にプロデビューを果たし、現在2勝4敗。2018年大晦日と2019年6月に連敗を喫し、7月中旬には練習中に首を傷めて9月大会は欠場となり、今回の試合に再起を懸ける。また、今回が初のケージでの戦いに。

対する永尾は16歳の現役女子高生。アマチュアキックボクシングでの試合を経て、3月のDEEP東京大会では同世代の吉川桃加を相手に打撃で上回り判定勝利、プロデビュー戦となった6月のDEEP JEWELSでは 組み技を得意とする國保小枝の組みを断ち切り判定勝利、続く9月大会では同世代のリオンと対戦し、19-19×3の同点ながら、マスト判定によりリオンに惜敗している。

1R、ともにオーソドックス構え。いきなり跳び蹴りで前に出た永尾に川村は右で差し返して金網に押し込むと左右のワンツー! さらに左で差して金網に押し込むがブレーク。川村の左をかいくぐり組み付く永尾。しかし差し返した川村は左で差して押し込みも再度ブレーク。右で前に出る川村。下がる永尾は金網背に。

右を差し返した永尾はスペースを作り右ヒザ。ブレーク。スタンドで永尾は左ハイ! ダウンしヒザを着いた川村に永尾はラッシュも川村は組み付いで凌ぐと金網に押し込む。ブレークから左フック狙う永尾。

2R、左フックから飛び込む永尾。互いに見合いから組み付く川村はそのまま金網まで押し込み右で差すが右ヒザを突く永尾。ブレーク。川村の組み付きをいなす永尾。しかし川村も右ストレートをヒット! さらに右! ダブルレッグは川村も差し上げる永尾。川村はクラッチし、ヒザを突く。それがローブローとなり、2R1分で中断。再開。最初の左の蹴りをつかんだ川村がダブルレッグテイクダウン、ついに背中つかせた川村はパウンド連打! 永尾は右で差して立ち上がったところでゴング。

左ハイでニアダウンを奪った永尾に、終盤でパウンドをまとめた川村。判定はマスト判定で永尾が3-0で勝利した。

最終更新:10/22(火) 17:09
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事