ここから本文です

永瀬正敏×窪田正孝×小西桜子が共演 暴力と性が渦巻く山本直樹『ファンシー』実写化&特報映像公開

10/22(火) 10:03配信

リアルサウンド

 山本直樹の漫画『ファンシー』が永瀬正敏主演で実写映画化されることが決定し、あわせて特報映像が公開された。

【写真】ヒロイン役で出演の新人・小西桜子

 本作は、山本の同名短編漫画を実写映画化した愛と暴力の人間ドラマ。彫師で郵便屋の鷹巣、ペンギンと呼ばれる恋多き詩人、そしてペンギンに盲目的に酔いしれる女・月夜の星、3人の奇妙な三角関係を描き出す。

 郵便屋で彫師の鷹巣を永瀬、人気ポエム作家のペンギンを窪田正孝、『初恋』でも窪田と共演している新人の小西桜子が月夜の星をそれぞれ演じる。そのほか、田口トモロヲ、宇崎竜童、深水元基、長谷川朝晴らがキャストに名を連ねた。

 監督は、本作がデビュー作となる廣田正興。これまで、古厩智之、市川準の助監督や大根仁、三池崇史作品などのメイキングディレクターを担当し、永瀬のTV版『私立探偵濱マイク』(日本テレビ系)に参加。15年以上前の約束に永瀬が応えて映画化が実現した。

 このたび公開された特報映像は、「だってお前じゃどうしようもねぇじゃねえか」と語る鷹巣のセリフから始まる。郵便屋の鷹巣、詩人のペンギン、詩人のファンの月夜の星がそれぞれ映し出され、3人を取り巻く暴力と性が垣間見える映像に仕上がっている。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/22(火) 10:03
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事