ここから本文です

もう怒らなくてすむ!ワンオペママの片付けワザ13選

10/22(火) 22:32配信

サンキュ!

家が汚いと心に余裕がなくなり、イライラしがち。心を整えるためにも、まずは家の中をキレイにしましょう。そこで今回は、「片づけ」で人生を変えたママにインタビュー。10回以上の引っ越し&ワンオペ育児で身につけたという片づけ術をご紹介します。

【画像集】問答無用で捨てていいもの一覧!5

<話を聞いた人>
万波和枝さん
インスタグラマー。岡山県 49 歳。夫、長男(22歳)、長女(20歳)の4人家族。結婚24年目。団地での暮らしをつづったインスタグラム(cata_coto_)が人気。

=HOUSE DATA=
県営団地築43年3DK

家と私の人生

独身時代・保育の現場で整理収納を頑張る
96年 結婚
97年 引越し1 長男出産
96年 引越し2 長女出産、床に物を置かないことを徹底する
01年 引越し3 ワンオペ育児で体調をくずす
03年 引越し4
04年 引越し5 おもちゃの収納に悩む
06年 引越し6 布雑貨の手作りにハマる
08年 カフェ併設の雑貨屋で働き始める、「自分がラクできる」収納を模索
11年 引越し7
12年 大きな家具を処分
13年 引っ越し8
15年 引っ越し9 夫のみ単身
16年 引っ越し10 夫戻る、いらない家電を処分
18年 実家の都合で退職
19年 子育てが一段落し、1人時間を満喫中

夫の仕事の都合で2~3年ごとに転勤があり、そのたびに幼い子どもたちを抱えて、1人で荷造りをしてきたという万波さん。長年の引っ越し人生のなかで見いだした最善策が、身軽に暮らすこと〞でした。

「婚礼だんすや食器棚、鏡台などの大きな家具を手放して、持ち物は最小限に。日々使う生活道具はお気に入りを厳選し、なるべく物を増やさないように心がけています」。また、家族が使いやすいように家具の配置や収納に工夫をしたら、みんなが自然に片づけてくれるようになったそう。「古くて小さな家だけど、毎日ご機嫌に暮らしています」

イライラは「収納」で解決!

言いたくないのについ口にしてしまう、家族への不満や日々の小さなストレス。収納や家具の配置など、ほんのちょっとの工夫で劇的に解決できるんです。

1/3ページ

最終更新:10/22(火) 22:32
サンキュ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事