ここから本文です

【ラグビーW杯】日本ファン、敗戦後の“客席のユニ交換”に海外も感動「我々は皆、日本を見習うべき」

10/22(火) 7:43配信

THE ANSWER

試合が終わればノーサイド、南アファンとのジャージ交換に海外ファンも感動

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。試合後、選手同士は健闘を称え合ったが、ノーサイドの精神を発揮したのはファンも同じだ。客席で互いにジャージ交換する日本と南アフリカのファンの姿を大会が動画付きで公開し「ラグビー好きになった」と反響を集めていたが、海外ファンにも「日本人は本当に素晴らしい」「我々は皆、日本を見習うべき」などと感動が広がっている。

【動画】「我々は皆、日本を見習うべき」と海外ファンも感動! 試合後の客席でドラマ、再生180万超の場面とは…日本ファンが演じた“ユニ交換”の実際のシーン

 ノーサイドの精神をファン同士も発揮した。試合後、ピッチ上で日本と南アフリカ選手の選手が健闘を称え合う中、客席で一人の男性ファンが白と赤の日本ジャージを脱ぐ。すると、南アフリカのジャージを着た隣の男性に手渡し、逆に緑のジャージを受け取る。笑顔で交換すると、そのままジャージを着用。互いに肩に手をやり、選手顔負けのスポーツマンシップを発揮していた。

 大会公式インスタグラムでは「80分間の試合の後、南アフリカと日本のファンがジャージを交換する、輝かしいシーン」と脚光を浴びせると、海外ファンからも次々に喝采が起きている。

「これは素晴らしい」
「愛すべき場面だ」
「なんて素晴らしいW杯で、なんて素晴らしいホスト国なんだ! リスペクトであふれている」
「日本が国際的スポーツ、特にラグビーにもたらしているのは真の一級品だ」
「日本は敬意に満ちた謙遜の国。最高にエキサイティングなW杯をありがとう!」
「これぞラグビー精神だ!」
「日本人は本当に素晴らしい人ばかりだ」
「日本はこれまでの大会の中で最もアメージングなホスト国」
「これは日本が作り出したW杯の完璧な総括だ」
「感動をありがとう、愛に満ちた日本!」
「我々は皆、日本という国を見習うべき」

 ファン同士も試合を終えれば、ラグビーを愛する仲間同士。象徴的なシーンが世界にも感動の輪を広げている。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/22(火) 10:52
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ