ここから本文です

ゲーム中毒状態の小1息子。やめさせるには?【小川大介先生の子育てよろず相談室】

10/22(火) 20:30配信

レタスクラブニュース

梨花さんもInstagramで大絶賛の子育て本「頭のいい子の親がやっている『見守る』子育て」の著者、小川大介先生が、悩める親たちにアドバイス。「うちの子のこんなところが心配」「私の接し方、コレでいいの?」など、子育てに関するありとあらゆる悩みにお答えします。連載第9回目のお悩みはこちら。

何度注意しても鼻ほじりをやめない息子、どうすれば?【小川大介先生の子育てよろず相談室】

■ 【お悩み】

小学1年生の息子が、マインクラフトというゲームにハマっています。少しやるくらいならいいと思い、1日1時間までと決めているのですが、いつも1時間でやめることができません。ハマり過ぎて、今ではゲームをするだけでなく、マインクラフトのYouTube動画まで見る始末。「もう1時間たったよ」と何度言っても、なかなかゲームから離れることができません。どうにかしてやめさせたくて、他の親たちはどうしているのかネット検索してみたところ、「時間制限すること自体が間違っている」なんて意見もちらほら。とはいえ、制限しないと本当にエンドレスになってしまいます。うまくゲームをやめさせる方法はありますか?(MYさん・45歳)

■ 【小川先生の回答】

■時間を忘れて熱中した体験は大きな糧に

そもそもゲームにしろYouTubeにしろ、お金儲けのための商売。とにかく引っ張り込もうという作りになっているため、子どもが中毒になってしまうのも致し方ありません。のめりこんだからといって、クリエイティブな子に育つというわけではないので、そこは親御さんが自信を持って制限して構わないと思います。

ただ、何かに熱中して延々と続けた経験というのは、どんなことであれ、子どもにとって大きな糧となるのも事実です。その意味では、時間制限なくぶっ通しでやるということは、決して悪いことではありません。ただし、それが毎日となると話は別。大人であれば、自分で時間を管理できるため、のめりこんでも自力で戻ってこられますが、子どもは、ハマっている状態から自力で戻ることができません。そのため、社会生活の区切りがつけられなくなるなど、大きな弊害を招いてしまいます。普段は1時間にして、「週1回だけは夕飯の時間まで好きにやってOK」など、どっぷりハマっていい日を作ってあげると、メリハリがついてよいでしょう。

■クールダウンタイムを挟んで段階的に現実に引き戻す

時間の管理に加え、のめりこんでいるところから、現実世界に引き返す手助けをしてあげるのも親の役割です。子どもにとっては、ハマっている興奮状態からパッと切り替えてやめるというのは、相当難しい行為。そのため、「時間だからやめなさい」と言ってもなかなかやめられないのです。

そういう場合は、一旦クールダウンの時間を挟んであげるのがおすすめ。徐々に気持ちを落ち着けていく段階を作ってあげましょう。例えば、1時間のうち45分をゲームや動画タイムに当てます。そして残りの15分は、「今日はどんなものを作ったのか聞かせて」「見た動画の設計図を画用紙に描いてみたら?」など、頭はまだマインクラフトの世界に入っているものの、ゲームや動画からは離れさせるのです。話す、描くなど能動的な行動を挟むことで、徐々に興奮の熱を下げることができます。

また、話を聞いてあげるというのも大事なポイント。一人の世界に閉じこもっているとなかなか出てこられませんが、共通の話題として話す相手がいると、“話したい”“聞いて欲しい”という気持ちから、のめりこんでいる世界から戻ってきやすくなりますよ。

■ 回答者Profile

小川大介

教育専門家。中学受験情報局『かしこい塾の使い方』(https://www.e-juken.jp)主任相談員。

京都大学法学部卒業後、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を創設。教科指導スキルに、子育てコーチング、学習タイプ別の指導術を組み合わせ、短期間の成績向上ノウハウを確立する。個別面談の実施数は6000回を数え、受験学習はもとより、幼児低学年からの能力育成や親子関係の築き方指導に定評がある。各メディアでも活躍。著書多数。

最終更新:10/23(水) 16:57
レタスクラブニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事