ここから本文です

ミキ・亜生&昴生、“アホなミキ”を返上宣言!亜生「過去の僕だと思わないでください」

10/22(火) 8:00配信

ザテレビジョン

10月23日(水)の「くりぃむクイズ ミラクル9」(毎週水曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)に解答者としてミキ・昴生と亜生がそろってゲスト出演。収録直後の2人にインタビューを敢行。

【写真を見る】予想以上の大活躍を見せた二人がドヤ顔!「アホなミキは脱却しました」

番組の魅力からくりぃむしちゅーの二人について、そしてプライベートで起きた“ミラクル”な出来事までたっぷり語ってもらった。

■ クイズ番組はトラウマなんです

――あらためて番組に出演された感想をお願いします。

昴生:僕らクイズ番組が本当に苦手なんですよ。以前「ミラクル9」に出せてもらった時も1問も答えられずに終わってしまって、それ以来トラウマですよ。

亜生:でも僕はそこから数々のクイズ番組を経て生まれ変わりましたよ。

昴生:そんなことないでしょ(笑)。最近出たクイズ番組なんか前半で泣きそうになってたでしょ。

亜生:確かにそのクイズ番組では、前半はすごい落ち込みましたけど、後半からすごい巻き返しまして、そのままの勢いで今日の収録に臨めました。

――お二人のお互いの活躍や手応えはいかがでしたか?

昴生:今回の収録で、お兄ちゃんが不正解してしまったあとの返しがね、「俺は間違ってない!」みたいな態度をとるんですよ。

昴生:それは、間違ったあとに弱気になってはあかんからね(笑)。強気でね。

亜生:そういうメンタルの部分は見習わないとなって思いました。びっくりしたのが収録中に、問題間違って落ち込んでないか確認のために小声で「大丈夫?」って聞いたら、お兄ちゃん「なにが?」って返してきましたからね。

昴生:僕にとっては「なんの大丈夫?」という感じでしたから(笑)。

亜生くんは頭を使うのが得意というか、“ひらめき”がすごいんです。

亜生:今回の収録もかなり“ひらめき”で乗り切りましたね。

――久々の出演ですが、今回の収録で心掛けていたことはなんですか?

昴生:前に出演したときは緊張しすぎて、落ち着けば分かる問題も間違ってしまっていたんですよ。

だから今回は家でテレビを見てるくらいの感覚でリラックスしていこうと思いました。

亜生:「こうしよう」「ああしよう」というのはなくしましたね。それで前の収録では、がんじがらめになってしまっていたので。解答席に立つとやっぱり緊張するので、とにかく冷静にやろうというのは思っていました。

■ ミラクル9の魅力は、心の葛藤が見れるところ

――くりぃむしちゅーのお二人についてはどのような印象を持っていますか?

昴生:そうですね。くりぃむしちゅーのお二人にはいつもありたいことに、イジっていただいています。他の番組でもお世話になっていますし、すごくありがたいですね。優しい方ですお二人とも。上田(晋也)さんは“ザ・MC”といいますか…。

亜生:絶対になんとかしてくれるっていう安心感ありますね。そして、有田(哲平)さんは、めちゃくちゃ優しい。収録中も自由にノビノビやらせてくれます。

昴生:アドバイスもいただけて、ありがたく受け止めています。

――お二人が思う「ミラクル9」の魅力とはなんでしょうか?

昴生:最後の最後まで得点差がシーソーゲームで白熱するのもそうですが、最後の100万円を懸けたクイズがもう手に汗握りますよね。パスするのか答えるのか、心の葛藤みたいなものがあって、そこが面白いと思います。

亜生:お笑い芸人とかでも、アナウンサーとか頭のいい人に勝てるっていうところですよね。この気持ちよさがたまらないんです。もちろんチーム戦ではあるんですけど、僕の中では同じチームの人とも心の中で戦ってましたね(笑)。

――番組にちなみ、ご自身が体験した“ミラクル”な出来事はありますか。

亜生:オフの日に行きつけの服屋に買い物にいったんですよ。

そしたら店員さんがやたらニヤニヤしてて「なんだろうな」って思ってたら、店の奥からお兄ちゃんが出てきたんですよ。

昴生:いやもうほんまにたまたまなんですよ。それで言ったら僕もお店行ってご飯食べてたら、たまたまJUJUさんが同じ店にいたんですよ。芸能人の人ってプライベートだと変装したり、多少隠したりするのかと思ってたら、もう思いっきりJUJUなんですよ。

亜生:それやったら、僕も新幹線乗ってるときにたまたま隣に板東英二さんがおったんですよ。僕がアイス買おうとしたら隣で「僕も」って言いはったんですよ。

昴生:なんやねんその話(笑)。それやったら僕も…

亜生:もうええやろ、このエピソードトーク合戦(笑)。

――それでは最後に、放送を楽しみにされている方にメッセージをお願いします。

昴生:いつもみたいな“アホなミキ”は脱却したと思っていますので、ぜひ注目してほしいです。特に亜生くんの成長。

亜生:過去の僕だと思わないでください。これだけは伝えたいです。

昴生:最後の最後までぜひ期待して見ていただけたらなと思います。(ザテレビジョン)

最終更新:10/22(火) 15:06
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ