ここから本文です

バルセロナ、EURO2020終了後にオランダ代表指揮官を招聘か?

10/22(火) 12:00配信

フットボールチャンネル

 オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督が、2020年以降にバルセロナの指揮官に就任するかもしれない。21日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】バルセロナからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング

 同紙によると、クーマン監督には契約解除金が設定されており、EURO2020終了後に有効になるという。2022年のカタールワールドカップまでオランダ代表を率いる予定だが、バルセロナが望めば契約解除金を支払うことで招聘することも可能とのこと。

 クーマン監督は2018年2月からオランダを率いている。EURO2020予選のグループリーグで6試合を終えた時点でC組首位に。ネーションズリーグではドイツ代表やフランス代表と同組になりながらグループ1位となっている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:10/22(火) 12:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事