ここから本文です

八村塁が開幕スタメン濃厚。期待以上の 出来とバスケIQの高さも示した

10/22(火) 6:10配信

webスポルティーバ

NBAのプレシーズン4試合で平均約22分をプレーし、10.3得点、6.5リバウンド、1.3 アシスト。そんな数字が示す以上に、ワシントン・ウィザーズの八村塁が、ファンや関係者に好印象を残してきたことは間違いないないだろう。

【写真】NBAのスカウトに聞いた「八村塁が活躍するために必要なこと」

「チームとしてすごくいい状態になってきている。シーズンにいい形で入れるんじゃないかと思っているので、すごく楽しみです」

 現地時間10月18日、フィラデルフィア・76ersとの最後のプレシーズン戦を終えたあと、八村が発した言葉からは確かな自信が感じられた。この日は8得点、3リバウンドを挙げ、イースタン・カンファレンスの優勝候補と目される強豪相手に堅実なプレーを披露した。

 そこに至るまでも、八村はさまざまな形でチームに貢献してきた。10月7日のニューヨーク・ニックス戦で12得点と上々のスタートを切ると、得点だけでなくリバウンドでも存在感を発揮。10月9日の広州ロングライオンズ戦では7リバウンド、13日のミルウォーキー・バックス戦でも12リバウンドを記録した。

 とくにオフェンシブ・リバウンドに強さを発揮し、こぼれ球をそのまま押し込んで得点につなげる場面が多く見られた。定評あるポストプレー、中間距離からのプルアップジャンパー(ドリブルで切れ込み、ストップしてからのジャンプシュート)以外の得点パターンを、早い段階で披露できたのは大きい。

 実力をアピールできたことで、10月23日に迫ったダラス・マーベリックスとの開幕戦では、八村が先発出場することもほぼ確定のようだ。バックス戦の前にも、スコット・ブルックスHCが「(八村が開幕スタメンになる)可能性が高い。塁は現時点でスタメンの機会を勝ち取ってきたからね」と明言した。

 当初は「まずはベンチ起用が有力」という見方が多かったが、もともと層の薄いチームから、トロイ・ブラウン・ジュニア、CJ・マイルズ、アイザイア・トーマス、イアン・マヒンミといった、主力選手が次々と故障離脱したこともあって予定変更。同時に八村が安定したプレーを見せたため、その立ち位置も瞬く間に変わった感がある。

1/3ページ

最終更新:10/22(火) 6:10
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事