ここから本文です

メーガン妃、悪戦苦闘! メディアの否定的な報道に対する胸の内を明かす

10/23(水) 7:11配信

ハーパーズ バザー・オンライン

メーガン妃が、脚光を浴びるようになって以来、困難に直面していることについて率直に語った。南アフリカ訪問のドキュメンタリーの予告編で、メーガン妃は、特に母親になってから悪戦苦闘していると認めている。

【写真】英国王室が忘れてしまいたい8つのスキャンダル

『ITV News』のアンカー、トム・ブラッドビーが司会を務めるドキュメンタリーは、当初、ツアー中の夫妻の公務にフォーカスする予定だったが、「このドキュメンタリーには、他にもストーリーがあります」と、ブラッドビー。

ツアー中に、メーガン妃は、彼女が父親宛てに書いた手紙を掲載したとして『Mail on Sunday』紙を相手取り訴訟を起こした。その発表に伴いヘンリー王子が感情を顕にした声明文を出し、その中で王子は、妻に対するプレスの扱いには「悪意がある」と、表現した。

ドキュメンタリーは日曜日に放送されたが、メーガン妃は、プレスが否定的に自分を見ることにどれほど影響を受けたか、初めて公に発言した。

「どんな女性でも、特に妊娠中は脆くなっていますから、何事に対しても本当に敏感で感傷的になります。そして、ご存知の通り、出産後は特に女性はやることが多いですよね。ですから、新米ママとして、また新妻として頑張っているところに加えて、そういうことがあると……」

それからメーガン妃は、ブラッドビーが彼女を気にかけてくれたことに感謝した。あまり人がしなかったことだという。

「聞いてくれて、ありがとう。私が大丈夫かどうか、聞いてくれる人はあまりいなかったわ。でも、陰ではとても現実的なことに対処しなければいけないの」

ブラッドビーが「では、答えとしては、大丈夫ではなく、悪戦苦闘していたと言っていいのでしょうか?」と聞くと、メーガン妃は「イエス」と答えて、涙ぐんでいるように見えた。

ドキュメンタリー『Harry and Meghan: An African Journey』は現地時間20日、日曜日に『ITV1』で放送された。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper's BAZAAR UK

最終更新:10/23(水) 7:11
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ