ここから本文です

利用率は4%、家庭用ウォーターサーバーを使わない理由ランキング、3位水にこだわりがない、2位スペースの問題、1位は?

10/23(水) 11:45配信

@DIME

家庭用ウォーターサーバー利用経験者は全体の1割強
マイボイスコムが10,246人に聞いた調査によると、家庭用ウォーターサーバーを「現在利用している」は4.3%で、「利用したことがあるが現在は利用していない」(7.0%)とあわせた利用経験者は11.3%。さらに「知っているが利用したことはない」(80.4%)をあわせると認知率は9割強だった。
※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます


利用している飲用水は「水道水」が54.6%、「市販のミネラルウォーター」が30.1%、「浄水器(蛇口取り付け型)を通した水道水」は19.2%という結果に。北海道、東北、北陸などでは「水道水」が各7割で、他地域より比率が高くなっている。

家庭用ウォーターサーバーを「現在利用している」は4.3%で、「利用したことがあるが現在は利用していない」(7.0%)とあわせた利用経験者は11.3%。

さらに「知っているが利用したことはない」(80.4%)をあわせると認知率は9割強だった。



ちなみに、家庭用ウォーターサーバーを利用していない理由は「電気代、レンタル代など維持費がかかる」「設置スペースをとられる・邪魔」が利用未経験者の各3割強、「それほど水にこだわりがない」「水道水で十分」「ミネラルウォーターや浄水器など、現在飲んでいる水で満足している」が各3割弱、「ボトル交換や手入れ等が面倒そう」「経済的余裕がない」が各2割弱だった。「設置スペースをとられる・邪魔」などは、女性40代以上で1位となっている。

「ミネラルウォーターや浄水器など、現在飲んでいる水で満足している」は、若年層での比率が低い傾向だ。また、北海道や東北、北陸などでは「水道水で十分」の比率が高くなっている。

家庭用ウォーターサーバーの利用中止理由は「電気代、レンタル代など維持費がかかる」「設置スペースをとられる・邪魔」が各3~4割、「水道水で十分」「ミネラルウォーターや浄水器などで十分」「ボトル交換や返却が面倒」「経済的余裕がない」などが各2割。「水道水で十分」は男性、「設置スペースをとられる・邪魔」は女性での比率が高くなっている。

※今回マイボイスコムは、10回目となる『ウォーターサーバーの利用』に関するインターネット調査を2019年7月1日~5日に実施し、10,246件の回答を集めた。

構成/ino

@DIME

最終更新:10/23(水) 11:45
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ