ここから本文です

映画『駅までの道をおしえて』:昭和一ケタ生まれの現役俳優・笈田ヨシが語る「生き延びるヒント」

10/23(水) 16:01配信

nippon.com

作品情報

・出演:新津 ちせ 有村 架純/坂井 真紀 滝藤 賢一 羽田 美智子 マキタスポーツ/余 貴美子 柄本 明/市毛 良枝 塩見 三省/笈田 ヨシ
・原作:伊集院 静『駅までの道をおしえて』(講談社文庫)
・脚色・監督:橋本 直樹
・主題歌:『ここ』コトリンゴ
・企画・製作:GUM、ウィルコ
・宣伝・配給:キュー・テック
・製作年:2019年
・製作国:日本
・上映時間:125分
・新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて全国公開中

【Profile】

笈田 ヨシ OIDA Yoshi
1933年兵庫県生まれ。慶應義塾大学哲学科卒。文学座、劇団四季を経て、70年より英国の演出家ピーター・ブルックが設立した国際演劇研究センターに参加。以後、パリを拠点に映画および舞台の俳優、さらに演劇やオペラの演出家として活動。日米欧の映画に出演し、主な作品には『豪姫』(92年、勅使河原宏監督)、『ピーター・グリーナウェイの枕草子』(96年、英)、『沈黙―サイレンス―』(16年、米、マーティン・スコセッシ監督)などがある。92年から2013年までにフランス芸術文化勲章の3等級すべてを受勲した。19年10月には東京・シアターコクーンにて市川海老蔵主演の『オイディプス』に出演。同月公開の映画『駅までの道をおしえて』で77歳年下の新津ちせとの共演が話題に。

【Profile】

松本 卓也(ニッポンドットコム) MATSUMOTO Takuya
ニッポンドットコム編集部エディター。映画とフランス語を担当。1995年から2010年までフランスに滞在。翻訳会社勤務を経て、在仏日本人向けフリーペーパー「フランス雑波」の副編集長、次いで「ボンズール」の編集長を務める。2011年7月より現職。

4/4ページ

最終更新:10/23(水) 16:01
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事