ここから本文です

『万引き家族』から『真実』へ 是枝裕和監督が語る“希林さんとドヌーブのこと”

10/23(水) 6:00配信

文春オンライン

 現在、公開中の是枝裕和監督の新作『真実』。昨年、『万引き家族』でカンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督の新作は全編フランス・ロケで製作された。主演に『シェルブールの雨傘』で知られるフランスの大女優、カトリーヌ・ドヌーブを迎え、共演には『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー助演女優賞を受賞したジュリエット・ビノシュ、映画監督、脚本家としても活躍する多才なイーサン・ホークという名優が並ぶ。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 大女優ファビエンヌ(ドヌーブ)が自伝「真実」を出版するが、その内容は嘘ばかり。出版祝いでパリへと帰省した娘のリュミール(ビノシュ)は母に詰め寄り、その真意を問う。リュミールの夫ハンク(ホーク)を挟んでコミュニケーションをとりつつ、お互いの想いをぶつけるうちに、母と娘の間の「真実」が浮かび上がる――という感動の物語だ。

ドヌーブとの出演交渉はスムーズだったが……

 この作品は、あるイベントで対談をしたビノシュから是枝監督に「一緒にやりたい」というアプローチがあったことからスタートした。しかし、実現の鍵となったのは大女優、カトリーヌ・ドヌーブだったと是枝監督は語る。

「僕が『真実』の主人公として設定したのは、伝説的な女優でした。一国の映画史を一人で背負えるほどの大物を想定していました。ところが実際にそういうキャリアの重ね方をしている現役の女優は、世界中見わたしてもカトリーヌ・ドヌーブ以外見当たらない。出演交渉は大変そうでしたが、どうせ山に登るなら一番険しい山がいい。フランスで映画を撮ったのは彼女がいたからです」

 ドヌーブとの主演交渉は意外にもスムーズだったが、この大女優が曲者だった。

「『撮影場所はパリよね。私はパリから出たくない』という注文もありました。仕事が終わったらすぐに飲みに行きたいからだと思うんですが。パリ郊外はもちろんダメ。パリ市内の候補を提案しても『そこはパリじゃない』と一蹴されてしまう。パリと言っても彼女にとってのパリは自宅のある6区から犬の散歩で移動できる範囲なんじゃないかと」

 さらに撮影が始まると……。

1/2ページ

最終更新:10/23(水) 6:00
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事