ここから本文です

《目黒女児虐待死》結愛ちゃんの祖父が絶句、雄大被告懲役13年の疑問

10/23(水) 5:00配信

週刊女性PRIME

「もはや、しつけという観点からはかけ離れ、みずからの感情に任せて行われた理不尽なものとしか言えない」

【写真】結愛ちゃんの遺骨は今ーー優里被告の実家近くに建てられたお墓

 昨年、東京都目黒区で船戸結愛ちゃんが虐待死した事件の東京地裁判決で、保護責任者遺棄致死罪などに問われた父親の雄大被告(34)に対して、森下実裁判長は懲役13年を言い渡した。

 事件は昨年の3月2日に発覚して大きな衝撃を与えたが、雄大被告の成育歴はあまり明らかになっていない。

しつけという名の虐待

 全国紙の社会部記者が解説する。

「北海道で育った雄大被告は、バスケに熱中する誰もがうらやむヒーローだったそうです。

 大学を卒業後、IT系企業に就職したが、対人関係などのストレスから7年ほどで退社。その後は北海道札幌市や香川県高松市などで水商売に従事したが、いずれもうまくいかなかったようです」

 目標が定まらず、自暴自棄になっていたなかで、シングルマザーとして結愛ちゃんを育てていた優里被告(27)と出会い、2016年4月に結婚。

 その後、結愛ちゃんの弟が誕生するが、雄大被告は、結愛ちゃんが実の子どもではないことにプレッシャーを感じたとして、

「理想の子ども像を描いた。そのためにしつけに力を注いだ」

 と今回の裁判で告白している。

 ところが、それが行き着いた先は、しつけという名の虐待だった。高松から職を求めて東京・目黒区に居を移したころには次第にエスカレートしていき、勉強や生活で思いどおりの行動をとらないと、体罰を与えたり、真冬に冷水を浴びせたりと過激な方向へと向かっていく。妻にも暴言や暴力をふるって、虐待を主導していた。

 これに対し、結愛ちゃんは、

《いっしょうけんめいにやる やるぞパパとママにみせるってきもちでやるぞ えいえいおー》

 と当初こそけなげに自分のノートに綴っていたが……。

《もうおねがい ゆるして ゆるしてください》

 と次第に追い込まれていった。さらに食べ物も与えず、結愛ちゃんの体重は16キロから、12・2キロまでになって死亡したのだ。

1/3ページ

最終更新:10/23(水) 5:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事