ここから本文です

Honda FC、J1首位を相手に健闘! 前半スコアレスで鹿島サポからはブーイングも

10/23(水) 20:05配信

SOCCER DIGEST Web

Honda FCがJ1首位チーム相手に健闘

 第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会は10月23日、準々決勝の4試合が各地で開催され、県立カシマサッカースタジアムでは、Honda FC対鹿島アントラーズの一戦が19時のキックオフで行なわれている。

 ここまでJ1の2チーム(札幌、浦和)、J2の1チーム(徳島)を破って勝ち上がってきたHonda FCに対し、現在J1首位で3大会ぶりの優勝を狙う鹿島との対戦は、JFLに所属するHonda FCが後方からの巧みなビルドアップをベースにした戦いぶりで健闘を見せる。

 15分過ぎから徐々に攻撃のリズムを掴み始めたHonda FC。前線の遠野大弥、富田湧也らが果敢にゴールを狙っていく。33分にはボランチの松本和樹からのパスを受けた遠野が右足を振り抜くが、ここはGKクォン・スンテに阻まれる。

 鹿島も両サイドバックの突破からチャンスを掴むが、Honda FC守備陣の粘り強い対応に遭い、得点を奪うには至らない。結局、前半はスコアレスで折り返すと、鹿島ゴール裏からはブーイングも飛ばされた。鹿島は前半、シュート1本に抑えられ、Honda FCのアグレッシブな戦いぶりにやや押し込まれる展開となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb

最終更新:10/23(水) 20:06
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事