ここから本文です

【ラグビーW杯】写真が大炎上“肘打ちポーズ”の仏戦主審をウェールズHCが擁護「ちょっとした冗談だ」

10/23(水) 7:13配信

THE ANSWER

退場宣告した選手を揶揄も…一夜明け会見で言及「どう解釈するかは人次第だ」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で20日に行われた準々決勝でウェールズがフランスを20-19で下し、4強入り。この試合でフランスのバハマヒナが相手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場に。宣告した主審が試合後にウェールズファンと一緒に“肘打ちポーズ”した写真を海外記者が公開。波紋を呼ぶことになったが、ウェールズ指揮官は擁護しているという。

【画像】この写真が大炎上! 準決除外、海外ファンは「W杯から追い出せ」と辛辣…問題となった主審の“肘打ちポーズ”の証拠写真

 1枚の写真で大きく揺れた。フランス放送局「Le Figaro」のアルノー・コーディ記者が自身のツイッターで公開したのは、赤のウェールズジャージをまとった一団。その中心で一人、黒のポロシャツを着た男性が右肘を上げ、隣のウェールズファンの顎に当てるようなポーズ。表情は笑顔だったが、この人こそ試合を裁いた南アフリカ人のジャコ・ヘイパー主審だという。

 ポーズは後半9分にフランスのバハマヒナがウェールズ選手の顔面に食らわせた肘打ちを揶揄しているように見える。フランスファンの間で「この男は恥そのものだ」「この写真が彼をラグビーW杯から追い出してくれることを願うばかり」「恥ずべきパフォーマンス」などと波紋を呼んでいることを伝え、国際統括団体のワールドラグビー(WR)が調査に乗り出していた。

 さらに、ニュージーランド・ヘラルド紙は「2019年ラグビーW杯:『不適切な』写真の後、ジャコ・ペイパーは準決勝の対象にならず」と見出しを打って特集。記事では「ペイパーの写真により、彼は準決勝で審判を務める機会を失った」と紹介し、W杯で準決勝から対象外としたことを伝えていたが、その中でウェールズ指揮官は擁護する発言をしたことを紹介している。

 ウォーレン・ガットランドヘッドコーチ(HC)は一夜明けた会見で「彼は50キャップを記録している」とヘイパー主審が長いキャリアで積み上げてきた実績に敬意を払った上で「彼はファン数人とポーズをとりながら、試合での出来事について、ちょっとした冗談をやっている。どう解釈するかは、その人次第だ。みんな針小棒大に言いたがる」と擁護していたという。

 しかし、結果的に同審判は準決勝の候補からは除外。担当する可能性があるのは3位決定戦と決勝の2試合のみになっている。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/23(水) 7:13
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事