ここから本文です

カスタムして自分好みにアレンジできる!九州のおすすめ担々麺4選

10/23(水) 11:00配信

ウォーカープラス

「辛さ」「麺」「麺量」など、新型の担々麺はカスタムできる時代へ。自分らしい正解を見つけるため、アレンジにまい進できる九州のおすすめ担々麵店を4つご紹介。

【写真を見る】大分担々麺 火竜 / 「やみつき特製赤担々麺」(780円 ※写真は中辛)は、豚骨スープを軸にした珍しい一杯で、名前通りやみつきに!

■ 味が異なる2色スープと麺で個性派の一杯に!「担々麺 あづま屋 店屋町店」/ 福岡市博多区

担々麺×オムライスの斬新なセットでブレイクした福岡市東区・若宮の店が、博多に進出。定番の“赤”、黒ゴマの“黒”の担々麺2種があり、新店はこんにゃく麺も選べる。「ミニオムライス」(+250円)も一緒に注文しよう。

「赤の担々麺」(750円 ※写真は“大辛”“中華麺”)は、鶏ガラ&豚ゲンコツのスープを自家製ラー油で鮮烈な辛さに。肉味噌は甜麺醤で甘めに味付けされている。麺は中華麺・細麺・こんにゃく麺(+100円)から選べ、辛さは5段階から選べる。

「黒の担々麺」(800円 ※写真は“中辛”“黒胡麻麺”)は、ゴマたっぷりのスープで黒胡麻麺を選ぶとさらに香ばしい味わいに。上にのる菜の花のほろ苦さも合う。麺は黒胡麻麺・細麺・こんにゃく麺(+100円)から選べ、辛さは5段階から選べる。

[担々麺 あづま屋 店屋町店]福岡県福岡市博多区店屋町2-20 / 092-281-7757 / 11:00~14:30(LO)、17:00~21:30(LO) / 無休

■ 激辛MAXに挑戦!組み合わせは25通り「担々麺のはこ」/ 福岡市中央区

ラー油と花椒の量が自在に選べる“カラシビ”推しの担々麺&つけ麺店。唐辛子は特に辛味の強い「満天星辣椒」「天鷹唐辛子」など6種を使い、刻む粗さを変えて配合。合挽き肉も辛めにしてある。

「担々麺」(750円 ※写真は辛さ3、痺れ3、細玉子麺)の痺れの元となるのは、青と黒の花椒。“激シビ”にすると、さらに挽きたて黒山椒が振られる。麺は細玉子麺・太玉子麺・こんにゃく麺から選べ、辛さは5段階から選べる。

「担々つけ麺」(800円 ※写真は辛さ4、痺れ3、麺量中盛り)は、スープが全粒粉麺にねっとり絡む。麺にはレタス、鶏ムネ肉チャーシューと、さっぱりとした具材がのる。麺は、並(220g)・中(330g)・大(440g、+150円)から選べ、辛さは5段階から選べる。

[担々麺のはこ]福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-26グランパーク天神1階 / 092-753-9685 / 11:30~14:30、18:00~23:30(LO) / 日曜・祝日休み 

■ 名店が監修して話題!「担々麺 一路發」/ 福岡市博多区

中華料理「華都(シャトー)飯店」の総料理長が監修した担々麺専門店。鶏ガラスープを軸に、ラー油、本場四川の山椒でパンチを出す。

「担々麺」(680円)は、風味豊かな練りゴマを使用。麺大盛りは+100円。辛さ控えめにもできる。

[担々麺 一路發(いろは)]福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多駅地下街 / 092-413-3535 / 11:00~22:00(LO21:30) / 無休

■ 麺、具材、豚骨スープが珍しい唯一無二の一杯「大分担々麺 火竜」/ 大分市中央町

汁ありの「やみつき特製赤担々麺」と、「特製汁なし担々麺」(各780円)の辛い麺2種が堪能できる。どちらも、豚骨スープを軸にした珍しい一杯だ。ウェーブ麺やビッグサイズの挽き肉など食材にもこだわる。

「やみつき特製赤担々麺」(780円 ※写真は中辛)は、豚骨スープに旨辛いゴマダレを合わせた濃厚な一杯。卓上にある辛味噌を入れてアレンジができる。辛さは5段階から選べる。

[大分担々麺 火竜(かりゅう)]大分県大分市中央町2-9-33 / 097-547-7787 / 11:00~23:30 / 火曜休み(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

最終更新:10/23(水) 11:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事