ここから本文です

Netflixが「攻殻機動隊 SAC_2045」「日本沈没2020」など、注目アニメのラインナップを発表

10/23(水) 20:50配信

ザテレビジョン

10月23日(水)、東京・秋葉原にてNetflixのアニメラインナップ発表会が開かれ、「攻殻機動隊 SAC_2045」や「日本沈没2020」など、2020年に配信開始される注目作品の新情報が発表された。

【写真を見る】シリーズ初フル3Dの「攻殻機動隊 SAC_2045」。草薙素子の下にはタチコマも

■ Netflix発ドラマのスピンオフアニメ「オルタード・カーボン:リスリーブド」

最初に発表された「オルタード・カーボン:リスリーブド」は、2018年に配信を開始したNetflixオリジナルの実写SFシリーズ「オルタード・カーボン」の世界を進化させたアニメ映画。今回新たに場面写真が公開された。

原作ドラマが元々日本を感じさせる世界観ではあったが、3Dなのに2Dのようにも見える日本独特の3Dキャラと、「カウボーイビバップ」(1998年ほか、テレビ東京ほか)を手掛けた佐藤大が近藤司とのコンビで脚本を担当するとあって、どのように「オルタード・カーボン」の世界が拡張されていくのか注目だ。

■ 原作はフランスで推薦図書にもなっている「虫籠のカガステル」

次に発表された「虫籠のカガステル」は、橋本花鳥原作の同人誌からスタートし、フランスでは推薦図書としても扱われる名作漫画のアニメシリーズ。

人が巨大な虫になる奇病「カガステル」が発症する世界を舞台に、人殺しといわれる無情な「駆除屋」の青年キドウと女の子イリの物語。

今回公開された場面カットでは、物語の中心となるイリとキドウが登場し、透明感あふれる映像で、本編を期待させるものとなっている。

■ シリーズ初のフル3D作品「攻殻機動隊 SAC_2045」

「攻殻機動隊 SAC_2045」は1995年から続くシリーズ史上初のフル3D作品。監督は「ULTRAMAN」でタッグを組んだ神山健治と荒牧伸志の2人が務める。

今回、作品ロゴとキービジュアルが公開され、ファン待望のタチコマが登場することが決定。さらに映像では主人公・草薙素子が登場し、クレジットこそされていないものの、田中敦子が演じることも明らかになった。

■ 何度も映像化された原作を湯浅政明監督が独自の視点で描く「日本沈没2020」

小松左京のベストセラー小説「日本沈没」を、映画「きみと、波にのれたら」(2019年)などで知られる湯浅政明監督が「日本沈没2020」として初のアニメ化に挑む。

湯浅監督が「DEVILMAN crybaby」以来2度目となるNetflixオリジナルアニメシリーズとして、アニメならではの映像表現で、実写では描くことのできなかった未曽有の天変地異を描く。

舞台となるのは2020年の東京オリンピック直後の日本。これまで映像化された「日本沈没」では描かれることの少なかった“ごく普通の家族の物語”を通じて、“いま描かれるべき日本沈没”をテーマにしている。

公開されたティザービジュアルでは、崩壊した都市の中で一歩前に踏み出そうとする本作の主人公、歩と剛の姿が描かれ、シビアな現実の中でも一筋の希望を感じさせる内容となっている。

■ 各国からスタッフが集結したSF大作「エデン」

最後に発表された「エデン」は2体のロボットの元で育った少女・サラが、世界へ立ち向かうSFファンタジー。

監督は「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」(2009-2010年、TBS系)の入江泰浩、キャラクターデザインは「カウボーイビバップ」の川本利浩が務める。

また、こうした日本のメインスタッフのほか、コンセプトデザインをフランスのクリストフ・フェレラ、アートディレクターを中国のクローバー・シェ、音楽をオーストラリアのケビン・ペンキンと、各国の豪華スタッフが集結。さらにアニメーション制作は台湾のスタジオ・CGCGが担当するなど、それぞれの地域、国のスタッフが集まった珍しい作品だ。

今回公開されたティザービジュアルは、Netflixならではの“動く”ビジュアルとなっており、タイトルにもある「エデン」から連想されるリンゴが落ちる、印象的な仕上がりとなっている。(ザテレビジョン)

最終更新:10/23(水) 20:50
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事