ここから本文です

世界のトッププレイヤー能力値ランキング31位~35位。心臓に影の功労者…強豪を支える真の勇者たち! Fチャン編集部が選定(2019/20シーズン版)

10/23(水) 7:00配信

フットボールチャンネル

35位:影の功労者

MF:ブレーズ・マテュイディ(フランス代表/ユベントス)
生年月日:1987年4月9日(32歳)
昨季リーグ戦成績:31試合3得点2アシスト
市場価格:2200万ユーロ(26.4億円)

 昨年行われたロシアワールドカップでフランスを優勝に導き、リーグ戦ではユベントスの8連覇を支えたのがMFブレーズ・マテュイディだ。普段あまり注目されることのない選手だが、マテュイディがチームに与える影響は大きい。

 マテュイディは守備力の高さを武器に相手チームの攻撃を詰むことが出来る。その守備力の高さを買われ時にはサイドでプレーして、高い位置からプレスをかけることもある。また格別身長が高いというわけではないが、フィジカルが強いのも魅力。この当たり負けない強さがあるため守備面で大きく貢献することが出来るのだ。そしてIQが高いのも魅力。攻撃的な選手が多いクラブチームではバランスを取る役割も担っている。それが出来るのはIQが高いからという他に無い。

 あまり派手なプレーをするような選手ではないので注目されることは少ない。特にユベントスはクリスティアーノ・ロナウドを獲得するなど次々に大型補強を行っている。そういった選手に注目するもの良いが、ここで影の功労者に注目してみるのも面白い。

34位:バランス型MF

MF:デル・アリ(イングランド代表/トッテナム)
生年月日:1996年4月11日(23歳)
昨季リーグ戦成績:25試合5得点3アシスト
市場価格:9000万ユーロ(約108億円)

 19歳という若さでトッテナムのトップチーム入りを果たすと、すぐにスタメンに定着。マウリシオ・ポチェッティーノ監督の元メキメキと成長して、今ではイングランド代表でも中心選手として活躍している。

 アリは数値を見れば全ての項目で高いレベルを持っているのがわかる。身長188cmで手足が長いアリは、少しボールタッチが大きくなってしまっても相手よりも先にボールを触ることが出来る。そのためビルドアップ時のドリブルはダイナミックで、狭いエリアでは軽やかなタッチで相手をかわすことが出来る。パスにおいてはダイレクトパスのセンスが素晴らしく、誰も想像しないようなパスを供給出来る。また、MFでありながら長身を活かした空中戦の強さも武器の一つだ。しかしながら、このランキングでは突出した部分がないということからこの順位になってしまった。

 まだ23歳と若いアリは将来世界最高峰のMFになることも十分に可能だろう。これからクラブチームと代表の両方で更なる飛躍が求められる。

1/3ページ

最終更新:10/23(水) 7:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事