ここから本文です

「多摩川堤防」めぐり嫌がらせ電話が止まず… 台風19号がもたらした住民分断

10/23(水) 16:59配信

デイリー新潮

 日本列島に深い爪痕を残した台風19号。過ぎ去ったあとも、思わぬ“二次被害”を残していた。

【写真】浸水で「死者」が出てしまったマンション

 ***

 一日中、嫌がらせ電話の音が止まない――疲労の色を滲ませてこう語るのは「二子玉川の環境と安全を考える会」(二子玉川会)の代表だった男性の夫人である。

「ひどい時には1時間に4件くらい掛かってくる。『お前らのせいで家じゅうが水浸しだ。どう責任を取ってくれるんだ!』と怒鳴られたこともあります」

 背景にあるのは、二子玉川会が9年前に東京地裁に申し立てた、多摩川堤防建設工事の差し止めだ。嫌がらせの主たちは、二子玉会の堤防反対が多摩川氾濫を招いた……と言いたいらしい。が、これはただの言いがかりにすぎない。

 そもそも、件の二子玉川会の申し立ては棄却され、会はとっくの昔に解散。代表も既に亡くなっている。さらには、

「私たちが差し止めを申し立てた下流域では予定通り堤防が完成し、台風19号で越水したのは多摩川の、より上流です。上流域は私たちの運動とは関係ないんです」

 地域住民の“分断”は武蔵小杉のタワーマンションでも起きていて、

「被害に遭わなかったタワマンの住民は、『うちの建物は、台風前後で全く変わらない』とアピールしていた。『台風に弱いタワマン』と思われると資産価値が下がってしまう危険があり、『浸水したのはうちではない、よそのタワマンですよ』と言いたかったんでしょう」(取材した大手メディアの記者)

 10月24日発売の週刊新潮では、モンスター台風に翻弄される人々の模様を特集している。

「週刊新潮」2019年10月31日号 掲載

新潮社

最終更新:10/24(木) 11:32
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ