ここから本文です

「中国サッカーの恥だ!」「敗因は過信と怠慢」ACL浦和レッズ戦に完敗の広州恒大を中国紙が酷評!

10/24(木) 5:24配信

SOCCER DIGEST Web

「もっと現実を見つめて危機感を持つべきだ」と警鐘を

 中国サッカー界において唯一無二の存在であり続ける広州恒大が、良いところなく2戦合計0-3で浦和レッズの後塵を拝した。やはりそのショックの大きさは計り知れない。

【PHOTO】アジアを彩る「美しすぎる」「可愛すぎる」サポーターたち!

 10月23日のアジア・チャンピオンズリーグ準決勝第2レグ。アウェーでの第1レグを0-2で落としていた広州恒大は序盤からラッシュを仕掛け、何度も浦和のゴールに迫った。だが相手GK西川周作のファインセーブと浦和ディフェンス陣の粘り強い対応に阻まれ、なかなかゴールを奪えない。すると50分、左サイドから橋岡大樹に完璧なクロスを上げられ、中央で興梠慎三にドンピシャヘッドを決められてしまう。これで趨勢はほぼ定まった。その後も何度か得点機を掴むも決め切れず、2戦連続の完封負けを喫したのだ。

 この完敗劇を広州恒大のみならず、中国サッカー界そのものの危機と断じたのが、全国スポーツ紙『新浪体育』だ。「目を覚ませ、中国サッカーよ! いつまでうぬぼれているのか」と銘打ち、次のような論調を展開している。

「まるでルビーのような輝きを放ってきた王者(広州恒大)が、あっさりと浦和レッズに敗れ去った。今季のACLで中国勢は6度に渡って浦和と戦いながら、3分け3敗とひとつの白星も挙げていない。中国サッカーの恥だ。浦和は現在J1リーグで12位に付け、自動降格圏(実際は入れ替えプレーオフの16位)からわずか4ポイント差の位置にいる。それでもあれだけの組織力と抜け目のなさを発揮するのだ。ひるがえって広州恒大はどうか。彼らは確かに攻勢を仕掛ける時間帯が長かったが、全体的にプレーには力強さがなく、浦和の選手たちに比べれば怠慢さが目立った。とくに守備では警戒心に乏しく、いとも簡単にギャップを提供していたのだ」

 中国マネーと中国政府のバックアップを受けて、急躍進を遂げた中国スーパーリーグ。次から次へと各クラブはワールドクラスの名手を買いあさり、チームの強化の絶対軸に据えてきた。広州恒大にもパウリーニョ、タリスカ、エウケソンと一線級のブラジリアンが籍を置く。

 
 だが『新浪体育』紙は、もはやそうしたアプローチだけではもはやACLは獲れないと言い切る。

「今回のゲームでは、浦和に徹底的に研究された。北京国安も上海上港もそうだった。つまりは海外スター選手たちを封じ込めれば、中国クラブの攻撃は半減できるということだ。ファビオ・カンバーロ(監督)も外国籍選手を中心にしたチーム作りしかしてこなかった。そのツケをしっかり払わされている。もはや力づくでは勝てないことに気付くべきで、自信過剰から脱却しなければならない。より高度なチーム戦術を磨き上げねばならない。広州恒大対浦和レッズ戦が、その重要性をあらためて教えてくれた。浦和は今回ACL決勝に駒を進めたが、前述の通り、彼らは日本のベストチームというわけではないのだ」

 中国勢がアジアの頂点に立ったのは、2015年の広州恒大が最後だ。以降は4年連続で、ファイナルの舞台にさえ立てていない。同紙は「東アジアゾーンにおいて、日本、韓国の差はどんどん開いている。中国サッカー界はもっと現実を見つめて危機感を持つべきだ」と提唱した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:10/24(木) 17:44
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事