ここから本文です

敵地の5万大観衆を沈黙させた浦和、なぜACL21戦ホーム無敗の広州恒大に勝てたのか?

2019/10/24(木) 11:53配信

SOCCER DIGEST Web

中国遠征は8戦未勝利。独特のスタジアムの雰囲気に呑み込まれなかったワケは?

 浦和レッズは、10月23日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦で、広州恒大(中国)に1-0で勝利。2戦合計3-0で、決勝への切符を手に入れた。浦和は、これがACLの歴史の中でも中国での初勝利になった。

【PHOTO】浦和レッズを応援する美女サポーターたち


 浦和は初戦のホームゲームを2-0で勝利し、優位な状況で中国へ遠征した。しかし、2013年と16年にグループステージで広州と対戦した際にはそれぞれ0-3、2-2と勝利できなかった。16年の引き分けも先に2点を奪われて、試合終了間際に興梠慎三のゴールでようやく勝点1を得たもの。北京国安や上海上港といった何度も対戦した中国クラブを相手にした試合でも、アウェーでは内容的にも厳しいなかでの引き分けや敗戦だった。通算して中国遠征は8戦未勝利。だから、決して楽観視できる状況にはなかった。

 その16年の試合を経験している選手たちや、柏レイソル時代に同じ準決勝で広州に敗れた鈴木大輔が話していたのは、とにかく「スタジアムの雰囲気が独特だ」ということだった。この日も約5万人の観衆がスタジアムを埋めたが、入場ゲートではチームのレプリカユニホームが無料配布された。応援の中心はゴール裏だったが、メインスタンドからバックスタンドまで手拍子に合わせ、さらには「大したチャンスでもないのに大きく沸いて、変な空気になる」と選手たちが警戒していた環境そのままだった。

 しかしながら、その空気に飲み込まれなかった要員のひとつを興梠は「経験だ」と話す。13年から今季までの7シーズンのうち、浦和は5回ACLに出ている。その中では必ず中国勢との対戦が組み込まれるため、こうした状況には慣れていた。西川周作が「ホテルや移動でも何があるか」と話したが、例えばホテルから試合会場への移動でも、不測の事態に備えるプランBが必ず用意されていた。今回はそれを必要とする場面はなかったが、選手の経験とクラブに蓄積されたノウハウは、この一戦に対して平常心で臨むことを可能にしたと言えるだろう。

1/2ページ

最終更新:2019/10/24(木) 13:58
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ