ここから本文です

メッシが史上初の15年連続CL弾 C・ロナウドとの二大巨頭が持つ偉大なゴール記録は?

10/24(木) 9:20配信

Football ZONE web

メッシが得点して負けたのは3回だけ ロナウドは35試合でマルチゴールをマーク

 バルセロナは現地時間23日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節、敵地スラビア・プラハ(チェコ)戦で2-1の勝利を挙げた。この試合でエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが15シーズン連続となるCLでのゴールを決めたことを受けて、UEFA公式サイトではメッシ、そしてユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴール記録を称える記録を列挙している。

【写真】「偉大な写真」「フットボール史上最高の2人」とファン歓喜! 2007年と2019年のメッシ&ロナウド

 メッシは前半3分、パスカットしてブラジル代表MFアルトゥールとのパス交換からゴールを奪った。試合は後半5分に追いつかれたものの、相手の7分後にオウンゴールで勝ち越し。メッシの先制点が大きく効いた試合となった。

 15シーズン連続のCLでのゴールは史上初で、得点数も112としたメッシ。そのなかでの数々の記録は以下の通りだ。

・メッシがゴールした時、負けたのは3回だけ
・グループステージでの得点数において、ロナウドの62点に対してメッシは67点
・ロナウドが2018年2月に1クラブにおける100ゴールを達成した1カ月後、メッシも同記録を達成した
・メッシは123試合で100ゴールに到達。ロナウドは144試合だった

 記事では、メッシの記録だけでなくロナウドの数字も加わる。そのロナウドのデータも、やはり煌めくものだ。

・2017-18シーズンはCLでロナウドが10ゴール以上を記録した7度目のシーズン
・35試合で2ゴール以上を上げている。そのうち8つがハットトリック
・決勝トーナメントで初めて通算50ゴールに到達した。現在は60ゴール超え
・異なるCL決勝の3試合でゴールを決めた唯一の選手
・CL11試合連続ゴールは最多記録
・対ユベントス戦での10ゴールは、1人の選手が対戦相手に得点した最多成績

 数々の記録が凄いなかで、「出場30試合目までゴールはなかった」という項目もある。当初はウインガーだったロナウドがゴールゲッターへと変貌したことがうかがい知れる、興味深い数字となっている。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/24(木) 9:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事