ここから本文です

ザッカーバーグの下院公聴会での苦難、フェイスブックの仮想通貨「Libra」を巡り再び

2019/10/25(金) 12:12配信

WIRED.jp

あなたはマーク・ザッカーバーグだ。10月23日(米国時間)の午後1時45分、ワシントンD.C.の下院議員会館2128号室にいる。下院金融サーヴィス委員会の公聴会に出席し、もう4時間近くも証言し続けている。議員1人あたり5分の持ち時間で、なかにはすごい剣幕で詰問してくる者もいる。あなたはトイレに行きたくなってしまった。

フェイスブックの仮想通貨「Libra」と、強まる規制当局の懸念

マキシン・ウォーターズ委員長(民主党、カリフォルニア州)は、休憩をとりたいというあなたの要請を聞いてスタッフと相談する。このあとに法案の採決が控えているので、もうひとりだけ委員に質問をさせておいたほうがいい。そこで委員長は休憩に入る前に、ケイティー・ポーター下院議員(民主党、カリフォルニア州)の質問を受けるように指示してくる。

ポーターはフェイスブックの弁護士が5月に法廷でしたある証言について聞いてきた。弁護士は、フェイスブックのユーザーはプライヴァシーが守られることを期待していないと発言していた。あなたはこの話を聞いたことがあるような気がした。当時メディアで報道されたからだ。

しかし、全体を聞かずにそこだけ抜き出してコメントすることはできない、と返事をする。自分は弁護士ではないのだ!

次にポーターは、フェイスブックが請負契約を結んでいる数千人というコンテンツモデレーターがひどい扱いを受けているという話をしてきた。コンテンツを監視するために一日中ずっと不快な映像を見続ける仕事なのに、低賃金だという。あなたは、フェイスブックの秩序を保つこの仕事には、最低賃金以上の報酬を支払っていると説明する。最低でも時給15ドル、賃金が高い地域では時給20ドルを支払っている場合もある。

それでも、ポーターはまったく動じない。この仕事を明日から1年間、毎日1時間するとここで約束できるかと詰め寄る。あなたはそんなことは絶対にしたくない。身もだえしてしまうが、おしっこが漏れそうだからなのか、質問が厳しすぎるからなのか。時間の使い方としてベストとは言えないと口走る。ポーターは勝ち誇ったようにそれを「ノー」と受け取る。

ここでようやくウォーターズは休憩を宣言し、あなたはカメラマンの集中砲火をなんとかくぐり抜けながら、トイレへと急いだ──。

2019年のいま、フェイスブックの最高経営責任者(CEO)として下院の公聴会に出席すれば、つまるところこうした扱いをされる。

1/4ページ

最終更新:2019/10/25(金) 12:12
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事