ここから本文です

深尾モデルに見る国際収支構造の変化 なぜ円高が進まないのか

10/25(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2019年11月2日号> 今年に入ってからの金融市場の動きでいちばんの驚きは、意外に円高が進んでいないことではないだろうか。昨年末の1ドル=110円からは多少円高だが、購買力平価が90円台後半だとすると、現在もかなりの円安水準といえる。米国が2回も利下げをすれば100円割れもありうると予想していた人は、(筆者自身を含め)少なくなかったと思う。以下は、なぜ円高が進まないのかに関する現時点での筆者の仮説だ。 本文:1,249文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

早川 英男 :富士通総研エグゼクティブ・フェロー

最終更新:10/25(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る