ここから本文です

「上田ジャニーズ陸上部」再始動!関東&関西のジャニーズJr.18人が入部をかけてサバイバルレースに挑戦

10/25(金) 17:10配信

ザテレビジョン

11月2日(土)の「炎の体育会TVSP」(夜7:00-9:00、TBS系)では、再始動する「上田ジャニーズ陸上部」への入部を賭けたオーディションの模様を放送。関東&関西のジャニーズJr.総勢18人が出演する。

【写真を見る】“世界で最も過酷な400m走”に挑む上田竜也

KAT-TUNの上田竜也が監督を務め、これまでもさまざまなアスリートと真剣勝負を繰り広げてきた「上田ジャニーズ陸上部」。

2016年にオーディションが行われて以来、約3年ぶりとなる今回は関東&関西のジャニーズJr.総勢18人が参加。

上田監督に加え、現メンバーである古謝那伊留や鈴木舜映が見守る中、参加者たちが入部をかけて、100m走と1500m走のサバイバルレースに挑む。

参加者には、田中誠治、横原悠毅、基俊介、影山拓也、椿泰我、鈴木大河、谷村龍一、林拓音、佐藤新、松井奏、高橋真斗、林一敬、西村拓哉(Lil かんさい)、嶋崎斗亜(Lil かんさい)、岡佑吏、河下楽、福井宏志朗、澤田雅也が並んだ。

■ 「Jr.たちの会話が新鮮」

オーディション開催前、Jr.たちの素顔を知ろうと彼らの楽屋を別室にてモニタリングした上田は、リラックスした表情で談笑する彼らに「Jr.たちの会話が新鮮」とポツリ。

さらに、上田がモニタリングをしていることを知らない Jr.たちは、「3秒KAT-TUNやります!」「自分の腹筋がキレイ」「歌聞いてください!」などやりたい放題な様子を見せる。

しかし、オーディションが始まると、現メンバーを脅かす俊足ランナーが続々と登場し、上田監督が「さすがタッキー(滝沢秀明)が選んだJr. …。今回はレベルが高い」と絶賛。

個性豊かなJr.たちの中で、上田監督の目に留まったジャニーズJr.が明らかになる。

■ 「とんでもないパフォーマンスを見せてもらった」

また、オーディションを勝ち抜いた新メンバーを引き連れ、「新生!上田ジャニーズ陸上部」が最初に戦うのは、東京オリンピックで悲願のメダル獲得を目指す「ラグビー男子セブンズ日本代表」チーム。

7人制ラグビーの日本代表で、2016年の「リオデジャネイロオリンピック」では、強豪国を抑えて4位に入賞した“スピードスター軍団”。

150人以上の観客が見守る中、4×100mリレーで対決。上田監督も「とんでもないパフォーマンスを見せてもらった」とコメントした衝撃の展開を放送する。(ザテレビジョン)

最終更新:10/25(金) 17:10
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事