ここから本文です

田宮謙次郎、三宅秀史、藤本勝巳、遠井吾郎、藤井栄治、藤田平、ラインバック……&渡辺省三、古沢憲司、上田二朗……「巨人に牙をむいた投打の猛虎」/プロ野球20世紀の男たち

10/26(土) 11:05配信

週刊ベースボールONLINE

“精密機械”の元祖

 外野で堅守を誇ったのが、ライトゴロも見せ場だった“鉄仮面”藤井栄治だ。62年に入団して即戦力となったが、同じ外野手で、60年にセ・リーグ初の高卒新人開幕戦先発出場を果たしたのが並木輝男。巧打と勝負強さで“ゴジラ”とも呼ばれた。勝負強き外野手では代打サヨナラ満塁本塁打を含むサヨナラ弾5本の池田純一(祥浩)もいる。

 池田が入団したのは巨人V9が始まった65年。その後の外野陣には68年から爪楊枝をくわえたプレーで沸かせたカークランド、76年からはハッスルプレーで人気を博したラインバックら助っ人も並んだ。

 一方の投手陣。すでに小山正明や村山実、江夏豊は紹介しているが、彼らの先輩で、5年目の56年に自己最多の22勝、防御率1.45で最優秀防御率に輝いた右腕の渡辺省三は、小山も参考にしたという“精密機械1号”だ。その後も16歳で64年に入団した古沢憲司に続き、70年にはサイドスローの上田二朗(次郎、次朗)、71年にはフォーム修正でブレークした谷村智博(智啓)ら右腕が続々と入団する。

 上田は73年に22勝を挙げ、阪神も巨人を最終戦まで追い詰めたが、その最終決戦で完敗。巨人に目の前でV9を決められ、虎党は怒り狂って甲子園のグラウンドへ乱入していった。

写真=BBM

週刊ベースボール

2/2ページ

最終更新:10/26(土) 11:07
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事