ここから本文です

加害者にならない、安全運転の心得10カ条

10/26(土) 22:11配信

ライフハッカー[日本版]

自動車の運転を学び始めた若い頃のことを思い出してみてください。おそらく大人から、「車の運転は、特別な権利だが責任を伴う」と戒められたことでしょう。

【全画像をみる】加害者にならない、安全運転の心得10カ条

毎日のマイカー通勤を特別な権利とはなかなか思えないかもしれませんが、車のハンドルを握る以上、一度道路に出れば、安全に運転する責任があるのは間違いありません。

あなたが経験豊富なベテランであれ、あるいは自動車教習所を出たばかりの新米ドライバーであれ、運転技術の向上には終わりがありません。

この記事では、安全でスマートな運転テクニックを磨くためのヒントとなる10カ条をご紹介しましょう。

目次

1. 事故を防ぐための教習を受ける

2. 正確に駐車する技をマスターする

3. ハンドルの正しい握り方を覚える

4. ミラー類の位置を調整して死角をなくす

5. 眠気を感じるなど、集中が保てない時は運転しない

6. 焦ってスピードを出すのは逆効果

7. いちばん良い合流方法を知っておく

8. 悪路での運転は、努めて冷静沈着に

9. 運転以外のことに気を散らさない。目的地への道順を事前に把握する

10. スキルを磨き続ける

1. 事故を防ぐための教習を受ける

アメリカでは、オンラインで自動車教習を受けることができます。

これには、「自動車保険の掛金が安くなる」「交通違反時の点数が少なくなる」といった直接的なメリットがあります。

さらに、運転を始めてからかなりの年数が経っており、運転免許試験の正解が何だったか、すっかり記憶が怪しくなっている人にとっては、自分の運転を見直す絶好の機会になります。

自分の車の速度をもとにして、前を走っている車との車間距離の見当をつける方法はわかりますか?

飲酒運転と酒気帯び運転の違いや、具体的にお酒を何杯飲むとこうした状態になってしまうのか、答えられますか?

オンライン教習では、こうした事柄について理解を深めることができます。

1/4ページ

最終更新:10/26(土) 22:11
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事