ここから本文です

空腹時に痛みが…「胃潰瘍」と「胃がん」を早期発見するために

10/26(土) 12:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

ピロリ菌により罹患リスクの高まる胃潰瘍や胃がん。どちらもピロリ菌検査が予防の一歩であり、また他の胃の病気と共通する症状があるからこそ、きちんと受診し適切な処置を受けることが重要です。今回は、胃潰瘍の諸症状や胃がんの早期治療の重要性について解説します。※本記事では、藤田胃腸科病院理事長・院長の本郷仁志氏が、胃腸の健康に関する正しい知識や、氏が普段の診療の中でアドバイスしている健康維持の秘訣等を紹介します。

ピロリ菌に感染している人は胃潰瘍が起きやすい⁉

【心得その1】

胃潰瘍の予防の近道は「ピロリ菌検査」にあり

胃潰瘍とは胃の表面が深く傷つき、ただれた状態になること。胃酸によって胃の粘膜が溶かされてしまうことなどから起きる病気です。

胃は粘液をバリヤーとして胃酸から身を守っているという話をしましたが、何らかの原因で胃粘液の分泌が少なくなり、胃を守る力が弱まると、胃は自らの胃液で傷ついてしまいます。

胃潰瘍の主な原因としては「ピロリ菌」と「非ステロイド性抗炎症薬」「ストレス」が挙げられます。

ピロリ菌に感染している人は胃の粘膜に炎症が起こり、それに伴って胃粘液の分泌が減ります。結果として胃潰瘍が起きやすくなるわけです。

もう一つの非ステロイド性抗炎症薬ですが、この薬は熱を下げたり、痛みを鎮めたり、炎症を抑えたりすることを目的に服用されるものです。ただ、胃の粘膜を保護するプロスタグランジンという物質を抑えてしまうので、胃の粘膜が胃酸によって傷つきやすくなります。

非ステロイド性抗炎症薬でよく処方されるのは、アスピリンやロキソプロフェンなどです。

胃潰瘍になると、みぞおちのあたりに鈍い痛みを感じるようになります。空腹時に痛みを感じる人が多く、食事を取れば症状が軽くなることがあります。ただ、なかには食後に痛みを感じる人や痛みをまったく感じないという人もいるので、ひとくくりには語れない病気です。

痛みのほかにも、胸焼けや吐き気、ゲップなどの症状があります。胃の病気ですから、機能性ディスペプシアなどに共通する症状が多いというわけです。だからこそしっかりと受診をして、自分が何の病気にかかっているのかをハッキリさせることが大切だともいえます。

胃潰瘍が悪化すると、潰瘍部分の出血から、血を吐いたり、吐いたものに血が混じったりということも。また、血の混じった真っ黒な便が出てくることもあります。

ここまでくるとさすがに「放っておいてもそのうち治まるだろう」とのんびり構えてもいられません。すぐにでも診察を受けてください。

厚生労働省の調査によると、胃潰瘍の人は約30万人(平成26年)。ピーク時の平成5年が約120万人ですから激減したといえます。

一番の理由はピロリ菌の感染者が減ったこと(除菌をした人も含みます)。ほかに消化性潰瘍に効く薬が出てきたことなどが挙げられます。

胃潰瘍の検査には内視鏡とバリウムを用いるエックス線検査がありますが、私は内視鏡での検査を強くお勧めします。内視鏡のほうがより精度の高い検査ができるうえに、出血を伴っていた場合は止血処置も行えるからです。

1/2ページ

最終更新:10/26(土) 12:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事