ここから本文です

ユナイテッドが「伝統の流儀」に立ち返ったとしても…【サッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

10/26(土) 6:54配信 有料

SOCCER DIGEST Web

背を向けたファン・ハールもモウリーニョも短命だった

このバスビーをいわば始祖とする“ユナイテッド流”は、後にファーガソンに受け継がれ、アイデンティティーに。(C) Getty Images

 英国人の若手を中心にスピーディーな攻撃サッカーで相手を圧倒する――。クラブに息づく“伝統の流儀”を取り戻す原点回帰は、決して間違ったアプローチではないだろう。問題はそれを具現化する体制が整っているかだ。(文:オリバー・ケイ/訳:井川洋一 2019年10月17日発売 ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載)

―――◆―――◆―――

 特定のチームを愛するサポーターは誰もが、自分たちのクラブは特別なものだと信じている。他者に分かるはずがない独自性、アイデンティティーを持っていると、そう自負しながら。

 当然ながら、すべてのクラブが特別なわけではない。多くの場合は昇格や残留、タイトル獲得といった目先の目標に追われるばかりで、クラブ側の人間――オーナー、ディレクター、監督、選手たちだ――が、「流儀」や「哲学」や「DNA」と言い換えてもいい 本文:5,617文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:10/26(土) 6:54
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る